■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 路地裏の世界‐03 憩い
バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 1

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 2

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 3

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 4

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 5

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 6

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 7

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 8

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 9

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 10

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 11

バンコク 路地裏の世界‐03 憩い 12

 子供たちがいて、働く大人たちがいて、余生をのんびり過ごす老人たちがいる。
 路地裏には 当たり前の人間の生活がある。
 子供たちのための駄菓子屋、腹が空いたときに 仕事の合間に食べるクイティアオ
 (麺類)の店もあれば、惣菜の店もある。
 毎日 回ってくるヤクルトのおばさんもいる。
 すべてが無理なく自然に流れている世界だ。

 休みになれば 開けっ放しの表の部屋で 家族揃ってテレビを見る。
 子供たちは 群がって 遊びに興じている。
 一人一人が孤立することなく、どこかで結びつきを持っている。

 この路地裏の世界は かつて 日本にもあった生き生きとした世界である。
 何十年前かに彼らの祖父母が この地に住みつき、子供を産み、孫が生まれる。
 家族の歴史が 途切れることなく続いて行くことが 人間が安定し、豊かに生活して
 いくための条件であるような気がしてくる。
 祖父母、両親、そして子供たち、この3世代の人間が共に生活していく。
 こうした生活が成り立つ条件は 決して 金銭的な問題だけではないのではと思う。
 こうした路地裏に住む人たちの生活レベルや住居が 日本より恵まれているとは
 思えない。
 それでも3世代揃って生活することが当たり前になっている。
 生活文化の伝承、積み重ねてきた家族の知恵を伝達していくことの大切を知っている
 からだ。

 日本は どこかが狂ってしまっているのである。
 子供が大きくなるまでは 共に住む2世代、大きくなれば 老夫婦だけの生活、
 こんな生活の形の中で 本当に安定した幸福を得ることが出来るのだろうか。
 継続しない家族制度の中では 人間が安心して生きていくための地域共同体も
 生まれてはこない。
 皆 ばらばらなのである。
 子供の自由に任せると言いながら、皆不幸になっていることに気がつかない。
 
 バンコクでも 出稼ぎの人たちの生活は だんだん日本に近づいてきている。
 しかし、この辺りの路地裏に住む人たちは 古くから住み着いている人たちであり、
 昔ながらのタイの家族制度や地域共同体を維持している人たちである。
 それが 路地裏の生活に落ち着きを与え、安心して住むことが出来る場所にしている。

 市場を中心にした細い路地裏によって形作られたこの下町の魅力は 気楽で気さくな
 雰囲気であり、人々が 無理をせず、背伸びもせず 自然に生活していることだ。
 きっと探せば、こんな下町が バンコクにはもっとあるだろう。
 今ではバンコクの中心的な消費センター サイアムスクエアから歩いて15分の
 ところに 昔ながらの姿を保っている下町があるというのは 貴重なことである。
 中国人、仏教徒のタイ人、イスラム教徒のチャム族の人たちが 争うこともなく
 共存しているこの場所は タイの良さを残している場所なのかもしれない。

 戦後 田舎も都市も 伝統的な家族制度を壊し続け、地域共同体を壊し続けてきた
 日本、物の豊かさばかりを追求し続け、気がついてみたら、その豊かさも失っていた。
 核家族化は 共稼ぎを生み出し、家族の絆は失われ、子育ては年々 難しくなり、
 介護を必要とする老人医療は膨らむばかり、子供たちや老人たちの悲しみは増えるばかりで
 どこを探しても 安定した幸福を見出すことは出来なくなっている。
 家族、地域、そして衣食住という人間らしく生きていくための基本は失われ、
 休日になれば 旅行だ、レジャー、グルメと相変わらず浮かれ騒いで、自分の足元を
 見ようとしない。
 自分の国がどうなっているのか 関心もなく、失業でもしてしまえば、全くのアウト、
 頼るところもなければ、支えてくれる人もいない。
 自殺か、犯罪、路上生活しか残っていないというのでは あまりに寂しすぎる。
 消費だけに頼りすぎてきた社会の成れの果てである。

 そんな日本の姿を見ていると この路地裏の生活は 貧しいけれど 
 ユートピアのように思えてくる。
 皆 浮かれ騒いでいないで、自分の足下をしっかり見ながら生活している安定感がある。
 人と人とのつながりにも余裕がある。
 人が生活しているということは どういうことかを ここにやってくるたびに
 考えさせられる路地裏の世界である。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク ある風景 | 11:52:53 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
コンケーンの知り合いの家に行ったとき、奥さんのおばあさんも一緒に
住んでいて、みんな幸せそうでした。年で足が少し不自由になっていまし
たが、お年寄を大事にしてるなぁと感じましたね。
タイでは、訪れた町の市場や路地裏を必ず歩きます。チャイナタウンなど
もよく歩き回りました。生活をしているという実感出来るからです。
今の日本を見ていると、ほんとに豊かな国なのか疑問を感じることばかり
ですね。
2009-09-27 日 15:50:25 | URL | machan [編集]
バンコクも伝統的な家族制度や地域社会が 失われていっていますが、
それでも探せば、まだまだ健在な場所もあります。

長い歴史や伝統を持たないアメリカ式のやり方をまねていけば、
アジアの濃厚な地域社会の人間関係は 失われていきます。
自由主義、個人主義のアメリカの人間関係の貧しさ、
近代化という名のものとに アジアの心は貧しくなるばかりです。

東北タイあたりも 出稼ぎの人間が増え、年寄りや女子供ばかりに
なってきています。
日本の田舎と同じようになってきています。

日本も都市集中から、地方回帰に向かえば、住みやすくなると
思いますが どうなのでしょう。
2009-09-27 日 16:15:09 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。