■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク スコールの後には
バンコク スコールの後には 1

バンコク スコールの後には 2

バンコク スコールの後には 3

バンコク スコールの後には 4

バンコク スコールの後には 5

 午後3時過ぎから 激しいスコールがやって来た。
 最初のうちは 雨だけだったが 途中から 風と雷を伴う激しい雨になった。
 片方のベランダのドアから 雨が入り込んでくる。
 ドアを閉めた後、やることもないので 昼寝と決め込んだ。

 目が覚めてみると 夕方 西の空には沈みかけた夕陽が見える。
 スコールの後らしい雲が 夕陽を抱え込んでいる。

 こんなときは 屋上に上がるに限る。
 24階まで エレベーターで上り、残り1階分の階段を歩いて、屋上に出る。
 雨上がりの都会の空気は 清浄である。

 風景は 地上から蒸発する水分を含んだ白い大気に覆われている。
 東のビルの上には うっすらと虹がかかっている。
 もう少し 早く上ってくれば くっきりした姿の虹を見ることが出来たかもしれない。
 そんなことを思いながら、屋上の上をぐるぐると回っていると その虹もいつのまにか
 消えていた。

 タイの北部では 洪水注意報が出ている。
 9月のこの時期を乗り切れば タイにも乾期がやって来て、過ごしやすい季節になる。
 季節は巡る。
 季節は巡る。
 この巡る季節の中で タイでの20年以上の年月が流れてしまった。
 パッチョン2年、コンケン7年、残りはバンコク、時は 瞬く間に過ぎ行くものだ。

 西の空に沈む夕陽を見ていると 日本を離れ、東南アジア、ネパール、インドでの
 生活のことに心を奪われるようになる。
 体力があったから、気力があったから出来た旅の形もある。
 新しい体験から来る緊張感を支えるものは やはり体力と気力である。
 この緊張感をどうにか維持しようと思うが、寄る年波には 勝てないようだ。
 だんだん 怠け者になっていくようだ。
 動かなければ ますます動けなくなってしまうのはわかっているが、
 再び 緊張感を生み出すためには 希望が生まれてくるのを待つより 
 方法はないのだろうか。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




徒然なるままに | 09:40:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。