■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々
バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 1

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 2

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 3

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 4

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 5

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 6

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 7

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 8

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 9

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 10

バンコク 夕暮れの中華街‐05 出稼ぎの東北タイの人々 11

 中華街で生活している人たちは 中国系の人たちばかりではない。
 数十年前までは 中国人の店では 中国本土からやって来た出稼ぎ、移民の中国人が
 使用人として働いていたのだろうが、今ではその中国人たちに代わって、東北タイから
 の出稼ぎの人たちが 中国人の店で働いている。
 店の主人の言いつけに従って、倉庫から荷を運び出して来る、届いた荷を倉庫に
 運びこむなどの肉体労働は 出稼ぎの東北タイの若者たちの仕事である。
 出稼ぎの女たちは 中国人の家で家事をしたり、店員の仕事をこなす。

 中華料理は 確かに美味しいものであるが、こんなものを毎日食べることが出来るほど
 充分な給料を貰っているわけではない。
 店によっては 使用人も 店の主人の家族と共に食事を共にする昔ながらのやり方を
 しているところもあるようだが、この頃では出稼ぎの人たちも仲間と一緒に食事を
 することを好むらしい。

 夕方の路地裏に行くと 東北タイから出稼ぎにやって来た人たちのための食材や
 惣菜を売る行商の野菜売りや惣菜の露店は 並び始める。
 高級な中華料理を売っている表通りとは 打って変わったような商いの姿である。
 東北タイ料理は 唐辛子をたっぷり使ったとてつもなく辛い料理である。
 唐辛子をあまり使うことのない中国風味付けでは 東北タイの人々の味覚には
 合わないのかもしれない。

 荷車に積んだ野菜、棹の両端に提げて運んできた食材、東北タイ特有の辛い惣菜を売る
 露店、仕事を終えた出稼ぎの東北タイの人たちが群がって、夕餉の材料を買い込んで
 いる。
 売る人も東北タイの人であれば、買う人も東北タイの人である。
 今ではバンコクの人口の半分、いや3分の2以上は 東北タイからの出稼ぎの人々に
 よって 占められているかもしれない。
 東北タイの過酷な農作業は 重労働にも耐えうる能力を育ててきた。
 タイの経済の土台を支えているのは 重労働に耐える能力を持った東北タイの人々で
 ある。
 この中華街でも建築現場でも工場でも 身体を使う仕事は 東北タイの人々の仕事だ。

 12,3年以上前 6年近く 東北タイのコンケンに住んだことがあるから、
 東北タイ方言のイサン語(ラオス語と同じ)を耳にすると 懐かしい気持ちになる。
 タイ語とは 語尾の使い方が違うので すぐわかる。
 「メン・ボ」(そうじゃないか)「ボー・メン」(違うよ)「キン・ボ・ダイ」(食べられ
 ない)など聴いていると コンケンでの生活が思い出されてくる。

 酒好きで 騒ぐのが大好きな東北タイの人たちだが、怒らせると怖いところもある。
 普通に付き合っている限りは 問題はない。
 タイの王朝は 豊かな中央タイを中心にして 栄えてきた。
 東北タイは ラオス人の住む場所として長い間 差別されてきた。
 灌漑がなされていない天水に頼る水田での稲作は たびたびの旱魃で東北タイ農民を
 苦しめてきた。
 それは今も変わらない東北タイの姿である。
 農業では 食べていくことが出来ないから、バンコクに出稼ぎにやって来るのである。
 タイの人口の3分の1を占めていながら、中央政府の中で発言力を持つことも
 出来なかった。
 最近になって やっと地方の発言力を強めてきている。
 選挙制度のお陰である。

 中央タイのタイ人、南タイのイスラム教徒のマレー系タイ人、そして 東北タイの
 ラオス系タイ人、中国系タイ人と それぞれの利権が異なり、タイの政治に混乱を
 もたらしている。
 民族による格差社会が是正されない限り、政治の混乱は終わらないだろう。
 中国から移住してきた中国系タイ人がタイの経済を牛耳って、使用人として 
 東北タイのラオス系タイ人を使う。
 中国人に タイを乗っ取られたという気持ちは 昔からタイに住み着いている人の
 心の中にはある。
 口に出さないだけである。
 タイもなかなか難しい国なのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク 中華街 | 18:09:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。