■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 夕暮れの中華街‐03 雨宿り
バンコク 夕暮れの中華街‐03 雨宿り 1

バンコク 夕暮れの中華街‐03 雨宿り 2

バンコク 夕暮れの中華街‐03 雨宿り 3

バンコク 夕暮れの中華街‐03 雨宿り 4

バンコク 夕暮れの中華街‐03 雨宿り 5

バンコク 夕暮れの中華街‐03 雨宿り 6

 突然のスコールは 激しくなるばかりだ。
 大急ぎで 雨宿りの出来る場所を探す。
 十分に奥行きのある軒下でなければ、雨が吹き込んでくる。
 やっとのことで見つけた軒下は 銀行の前だった。
 そこでは 中華街ならどこでも見られる天津甘栗を焼いている露店があった。
 愛想の悪そうなおやじさんと使用人の若者の二人で仕事をしている。
 甘栗を焼くのは若者の仕事、焼き上がった甘栗を袋に詰めるのは親父さんの仕事だ。
 雨宿りの中、別にすることもないので 二人の仕事ぶりを眺める。

 雨は激しくなる一方である。
 傘など差していても役に立たないくらいだ。
 といっても 私などは傘を持って出かける習慣などないから、雨に遇えば、
 いつも 軒下で雨宿りするだけだ。
 亜熱帯のスコールであれば、1時間もしないうちに雨は上がる。
 30分ばかり雨宿りをしていると 雨もどうにか小降りになり、小雨を避けながら、
 歩き始めることにした。
 突然のスコールで 逃げ出していた屋台も少しずつ、商いの準備を始めている。
 まだ宵の口である。商いの時間はまだ十分に残っている。

 MBKセンターに向かう73番のバスの停車するバス停へと向かう。
 ヤワラートの通りは一方通行だから、ヤワラートにやって来るときは 73番のバスは 
 このヤワラートに停車するが、MBKセンターに向かうバスは 1本向こう側の通り
 チャロンクルン通りに停車する。
 ヤワラートの通りからチャロンクルン通りを結ぶ路地に入ると、懐かしいスキー
 (中国風寄せ鍋)の店、テキサスがある。
 昔は この店によく来たものだ。
 いつ来ても 人が一杯で この店の味の良さを証明していた。
 中華街が 外国人観光客用に装いを変えていく中で このテキサスも随分小奇麗な店に
 変わっている。
 昔、この店でスキー(寄せ鍋)を食べるときには シユーカーオ(中国風の薄い色の
 醤油)とライムを用意して、日本風のたれにして食べたものだ。
 このスキーを美味しく食べるコツは フア・プラー(魚の頭部分)を しっかり
 2,3皿注文して このフア・プラーでだしをとることである。
 バンコクには スキーの店が数多くあるけれど、この店で食べたスキーが
 1番美味しかったように思っている。

 テキサスの前を通り過ぎ、少し歩くとチャロンクルン通りに出る。
 チャロンクルン通りの向こう側に73番の停まるバス停がある。
 道を渡り終え、バス停に行く前に 腹が空いていることに気がついた。
 バス停の近くをうろうろと歩き回っていると、食べ物屋が集まっている場所の
 通路の真ん中で よく太った親父さんが 椅子に座り込んで 客の呼び込みをしている。
 どんな食べ物の店の呼び込みかと 親父さんの指差す方を見ると、その店は 
 カーオ・カー・ムー(豚足の煮込みのぶっ掛けご飯)の店だった。
 親父さんの容貌とカーオ・カー・ムーとの組み合わせが あまりにぴったりとしていて
 笑ってしまった。
 折角だと思い、この店でカーオ・カー・ムーを食べることにした。
 味も量もそれなりにあり、スープと氷水までついて30バーツ、何でも値段が
 高めの中華街の中にあっては 安いと言って良いくらいである。

 夕食代わりのカーオ・カー・ムーを食べ、満ち足りた気持ちでバス停に向かい、
 73番の冷房付のバスに乗り、家路へと向かった。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク 中華街 | 18:10:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。