■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04
バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 1

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 2

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 3

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 4

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 5

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 6

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 7

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 8

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 9

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 10

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 11

バンコク 夕暮れ時のプラカノン風情‐04 12

 行き止まりの運河のそばにある集落から 表通りに至る橋の下のアーケードにある
 店の並ぶ辺りまでやって来ると 街の様相は 一変していた。
 夕暮れから夜の闇へと時は変貌し、人々の姿が 電気の灯りの下に浮かび上がってくる。
 店仕舞い前なのか アーケードの人々の顔つきにもほっとした表情も浮かんでいる。
 冷房のないアーケードの中の店は吹き抜ける風任せの涼しさを頼みにしているが、
 夕方を過ぎれば、多少なりとも気温も下がってくる。

 アーケードの脇の通りでは 店仕舞をするにはまだ時間があるらしく、昔ながらの
 タイの生活雑貨を商っている店以外は やってくる客相手に 惣菜を売る露店の人々は
 忙しく立ち働いている。
 裸電球の暖かい灯りが 昔ながらのバンコクの路上の姿を 甦らせている。
 4,50年前からのバンコクの姿が 変わることなくこのプラカノン市場界隈には
 今も消え去ることなく 残っているのである。

 こうした庶民の愛する生活の場所を惜しげもなく 壊し続け、味も素っ気もない
 現代的なビルに変えてきたのが ここ15年の間のバンコクの歴史である。
 古い市場は スーパーマーケットに変わり、ショッピングモールへと姿を変える。
 買い手と売り手の人間らしい交流は失われ、そこにはただ物とお金があるだけの
 世界に変わってしまった。

 この橋の下のアーケードには20年以上前にも来たことがある。
 橋の下のアーケードにこんなに店が入っていると驚いたものだが、それが20年経った
 今でも同じ姿で残っているというのは もっと大きな驚きだ。
 ここに住む人の生活も ここで商いをする人も 昔と変わることなく そのままの
 生活をしている。

 生活雑貨の店も、床屋も美容院も、路上の屋台も 垢抜けることもなく、装飾よりも
 実用を大切にする庶民の心が生きている。
 つまらない装飾にお金をかけて 値段を吊り上げていく世界より、あるものを
 そのまま大事に使い、無駄を省いて 値段を抑えてくれる世界の方が 庶民にとっては
 余程有難い。

 もう店仕舞になったのか 椅子の並んだ美容院には 客の姿も 美容師の姿もない。
 その椅子の向こうを見ると 店の奥で 何人かの女たちが座り込んでいる。
 カメラを構えていると 呼びかけるので 近づいて行くと 今日の仕事を終え、
 一杯やっている最中だった。
 彼らの知っている日本語は 「あなた」、その「あなた」を連発している。
 20年前は 若かった女性たちである。
 若かった時代に憶えた日本語の一つが 「あなた」なのかもしれない。

 20年以上前にここを訪れたとき、このアーケードの向こうにあるアパートの一室に
 住んでいるタイ人の家族に会いに来たのであるが、その家族の1番下の娘も 60歳を
 過ぎた日本人男性の愛人だった。
 その後 二人の間には 娘が出来たが、その日本人もいつのまにかバンコクに来なく
 なり、音沙汰は途絶えてしまった。
 夜 働く女たちにとっても このプラカノンの街は生活し易かったのだろう。
 夜の歓楽街 パッポンに行くにも スクムビット界隈に行くにも バス一本で行ける
 便利な場所だった。
 その上、家賃も物価も安かった。

 奥の部屋に座り込んで仕事の疲れを 一杯の酒で癒す女たちの酒の勧めをことわって、
 再び通りを歩き始めた。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 10:08:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。