■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アジアの街角 1枚の写真から‐73 先祖
アジアの街角 1枚の写真から‐73 先祖

 9月3日の朝 近所の通り辺りから 凄い爆竹の音が聞こえてきた。
 中国正月のときは バンコクの至るところで 爆竹の音が響き渡るのであるが、
 それは 2月10日前後のことで この時期ではない。
 中国人の結婚式でもあるのかと思っていた。

 この日、ブログで知り合った人がバンコクにやって来ているということで、
 MBKセンターの入り口で 昼間に出会うことにした。
 一緒に昼食でもと言うことだったが、折角だから 食事前に 歩いて10分あたりの
 ところにあるイスラム教徒 チャム族の集落 バーン・クルア周辺を案内した。
 私のブログで紹介している魅力的な場所である。
 バーン・クルアの集落を案内して、すぐ近くにある庶民的な市場、この場所もブログで
 よく紹介する場所で そこもついでに案内することにした。
 日中の陽射しは暑いけれど、折角の機会だからと思ったからである。

 この市場のある通りも夕方近くなれば、活気にあふれ 楽しい場所であるが、
 昼間の時間帯は 露店も少なく、けだるい昼間の午後を 皆 やり過ごしているようで
 夕方からの仕事に向けて 身体を休めている。

 その通りのペチャプリ通り側の入り口近くに 中国人の商う牛肉麺の店がある。
 この辺りでは名の知れた店のようだ。
 ここで牛肉麺を食べるのも 連れのブログ仲間にとって興味深いだろうと思ったので
 あるが、9月3日のこの日は どういうわけか いつもと様子が違い、店の入り口に
 敷かれたゴザの上には たくさんのご馳走が置かれ、店は営業していない。
 訳を訊くと 『サー・チン』と呼ばれる中国人の大切な行事のようで 店は4日間
 休みになると言う。

 どんな行事なのかよくわからないので 近所の知り合いの中国人に訊いてみると
 どうも日本のお盆のような行事で 先祖を敬う行事であると言う。
 中国人の中でも 中国本土から移住してきている中国人は 行事は1日だけ、台湾
 辺りから移住してきている中国人は4日間 この行事を祝うと言う。

 近頃では 日本のお盆などは 形骸化して、先祖からつながる血縁関係を確かめると
 いうことはなくなっている。
 人間一人では弱いものである。
 家族・親戚などのつながりが強く、助け合い、互助関係があれば、厳しい社会の中に
 あっても救われることは多いはずだ。
 弱いもの同士で助け合うことが出来る共同体があることは 物質的な負担や精神的な
 負担を軽減してくれることは 確かである。
 先祖が大切にされる家族制度は やはり三世代、四世代家族は基本になっている
 社会である。
 今の日本では 大半が二世代家族で 各家庭の持つ価値観、長い年月をかけて 
 育まれてきた生活の知恵、人間関係が存続していくことは難しくなっている。
 何か大きな困難に陥ることになれば、家族内で問題を解決していくことになるが、
 それが 家族の力を超えていれば、お手上げの状態になってしまう。
 この20年の日本の弱者切捨ての政治、ばらばらにされた家族、血縁関係、地域社会の
 中では、個人、1家族の負担は大きなものになる。

 中国から異国に移住してきた中国人たちは その異国での生活大変さを
 よく知っているから、祖先のつながり、血縁関係、出身地のつながりを
 大切にしている。

 ネパールのカトマンズにも ネワール族という民族は 血縁や地域社会のつながりを
 大切にする民族である。
 何百年も前に祖先 氏族として出発した家族が 枝分かれをしていけば
 大変な数になるが、その氏族が 1年に何度か集まる行事もある。
 多い氏族であれば、数百人になることもある。
 ネワール族は もともとは カトマンズ盆地に 長い間 王国を造り上げていた民族で
 あるが、今から250年ほど前、別の民族に 王国を征服されてしまう。
 異民族に支配されるという過酷な試練は ネワール族の血縁関係、地域での人間関係を
 強固なものにしていったのだろう。
 弱いもの同士、権力を持たないもの同士が生き残っていくためには 強固なまとまりを
 持つ以外に方法はない。

 そうした知恵や社会的な装置を失ってしまった日本の社会では 弱者は 個人として
 生き抜いていかなくてはならない。
 個人としての力や能力の備わっている人間は 生き残っていくことが出来るが、
 そうでなければ、過酷な運命が待っていることになる。
 自殺者がやたら多いことは その証明だろう。

 アメリカ型の西部開拓時代の個人の力ばかりに頼る社会であれば、普通の人間は
 生き残ることは出来ないだろう。
 アジアの国々には 長い歴史があり、その歴史の中で 育ててきた人間の知恵の
 歴史がある。
 そのアジアの人間の持つ人間関係、血縁関係、地域のつながりを壊し続けてきたのが
 戦後の日本の歴史であり、アジアの歴史でもある。
 個人主義を謳い、個人の自由を謳い、アジア固有の人間関係を壊し続けてきたのが
 欧米のやり方だった。
 その結果、日本がどうなったのか、アジアの国々がどうなったのか しっかり
 見つめる必要があるだろう。

 個人に抑圧、緊張ばかりを強いる欧米型の社会は アジアの長い歴史の中で育ててきた
 価値観とはそぐわないものだ。
 それを鵜呑みにして 造り上げて来た社会が 今の日本の社会である。

 もう一度 自分たちの社会、生活を見直すことがなければ、未来には悲惨な社会が
 待っているだけである。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


アジアの街角 1枚の写真から | 04:39:28 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

美の名言
『美の名言』人名五十音順索引 2009-09-09 Wed 07:37:09 | 美の名言

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。