■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐12 地方行きバスターミナル
バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐12 地方行きバスターミナル 1

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐12 地方行きバスターミナル 2

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐12 地方行きバスターミナル 3

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐12 地方行きバスターミナル 4

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐12 地方行きバスターミナル 5

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐12 地方行きバスターミナル 6

 8月26日 正午

 タラード・サオの道の向こうには ビエンチャンから地方都市へと向かうバス
 ターミナルがある。
 前回のビエンチャン訪問のときは タイ国境へ向かうために 車をチャーターする
 ために立ち寄っただけで、しっかりと見ていなかった。
 今日は じっくりと バスターミナルを見ることにした。

 バンコクにある新モチット地方行きバスターミナルとは 比べようもない小規模な
 バスステーションだし、タイの地方都市にあるようなバスターミナルと似たもので
 ある。
 ネパールのカトマンズの地方行きのバスターミナルにも似ている。
 カトマンズの方が バスの発着の頻度は多いくらいである。
 バス乗り場には ちょうど ウドンタニ行きの国際バスが停車し、客を乗せている
 最中で バスターミナルの中のバスの中では 1番豪華なバスのように見える。
 ウドンタニ行きの国際バスのチケットを購入するには パスポートが必要である。

 地元のバスは 使い古したおんぼろバスで あんなバスで 何百キロも遠くまで
 行くのかと思うと 気が重くなるほどだ。
 南ラオスのパクセまでは7百キロ以上、ルアンパバーンまでは 420キロ、
 一体何時間のバスの旅になるのだろう。
 そんなことが気になるほど 軟弱になってしまっている。

 30代、40代の頃は よくバスと使って長旅をしたものである。
 ネパールのカトマンズからインド国境へバスで行くなら、10時間は当たり前
 だったし、東ネパールのインド国境の町までは 最低15時間のバスの旅だった。
 貧乏旅行とはそんなものだと思っていたので気にならなかったし、それを受け
 入れるだけの体力もあった。
 ツーリストバスというのは名ばかりで リクライニングシートもいい加減で
 快適とは程遠いインド製の古いバスだった。
 タイで初めて東北タイを旅したときも ローカルバスを乗り継ぎながら、コラート、
 コンケン、ウドンタニ、ノンカイまで旅をした。
 それでも疲れ果てたという記憶がないのは それだけ体力があったし、
 見知らぬ土地に向かうという期待と好奇心が 大きかったのだろう。

 今はもう駄目である。
 おんぼろバスと走行距離の長さを見てしまうと 逃げ出したくなってしまう。
 ルアンパバーンまで420キロ、10時間近いバスの旅になるのだろうか、
 道は舗装されているのだろうか、そんなことばかりが気になって、
 期待も好奇心もどこかに行ってしまっている。
 未知なるものに対する憧れが いつのまにか失われている。

 バスターミナルにある木製のベンチに座り込み、これから旅に向かうラオスの
 人々を眺めているだけが精一杯である。
 気持ちのよい風の吹きぬけるベンチに30分ばかり座り込み、軟弱になってしまった
 自分を情けなく思うばかりである。
 20年ばかり若ければ、自分だってという思いばかりが湧いてくる。

 そろそろタイ大使館へビザを貰いに行かなくてはならない。
 町のトゥクトゥクとの交渉だ。
 少し高いと思ったが 60バーツで交渉成立である。
 大使館の場所がわかっていれば、歩いてでもいいのだが、
 新しい場所に移転してしまったので 場所がよくわからない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ビエンチャンへの旅 | 17:07:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。