■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02
バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02 1

バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02 2

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐10 街の風景02 3


バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02 4

バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02 5

バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02 6

バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02 7

バンコク ビエンチャンへの旅 PART?‐10 街の風景02 8

 8月26日 午前10時

 ゲストハウスの自分の部屋に帰り、ビエンチャンにもう1泊しようかどうか 迷う。
 新しく出来た中国市場を覘いてみたいという気持ちもあったが、1日3,4回も
 汗だらけになったTシャツを着替えなくてはならないビエンチャンの暑い気候には
 どうも耐えられそうにないので バンコクに帰ることに決めた。
 ルアンパバーンに行ってみるという選択肢もあったが、ルアンパバーンだって
 暑いことには変わりはないだろうと 今回は 止めにした。

 急いで荷物を詰め、宿をチェックアウトする。
 今日は 午後1時に タイ大使館へ行き タイのダブルエントリーのビザを
 受け取らなくてはならない。
 その前に 1度 タラード・サオ(朝市場)を見て置きたかった。

 陽射しがすっかり強くなったタラード・サオへの道を 出来るだけゆっくり歩く。
 汗をかかないためにと考えたのだが、汗はどんどん滲み出してくる。

 ゆっくりゆっくりと 変わっていくビエンチャンの町 ネパールのカトマンズと
 同じように 観光業と商業で成り立っている町、人口増加の激しいカトマンズに
 比べると のんびりした町であるが、ビエンチャン庶民たちの生活が 見えにくい
 町であるというのは どういうことなのか不思議に思う。

 ネパールのカトマンズやタイのバンコクでは 首都の人口増加の中で スラムなどを
 生み出してきたが、このビエンチャンでは 急激な人口増加もないようだ。

 私が初めてビエンチャンを訪れたのは 14,5年前のことだ。
 その頃に比べて何が変わったかといえば、外国人旅行者のためのホテル・ゲスト
 ハウスやレストランが増えたこと、少しずつ古い建物から新しい建物に変わって
 いること、それだって目立つほどのことはない。
 バンコクのように高層ビルが建ち並び、街の景観をすっかり変えてしまったことに
 比べれば、微々たる変化である。
 未だに 中国人の建てた木造住宅や、フランス植民地時代に建てられた建物が
 まだまだ健在である。
 それが街に落ち着きを与えているのは確かであるが 反面 勢いや覇気を
 感じさせない。
 しかし、日本やタイのように 経済成長ばかりを謳い、人間同士のつながりを
 壊してしまうことに比べれば、まだいいのかもしれない。
 衣食住や家族という人間が生きていくために大切なものを 蔑ろにした社会が
 どんなものかを バンコクや日本の大都市は その弊害を証明している。

 雨の降らない暑いビエンチャンの街の中を リュックを担いで歩いて行く。
 短い滞在なので 荷物が少ないのは嬉しい。
 日本-バンコク、バンコク-カトマンズ間の移動は いつも荷物が山ほどあって
 いつも30キロを下ることはない。
 荷物のない旅に憧れながら、そういうわけには行かない事情があったが、
 このビエンチャンへの旅は その点が楽である。
 荷物に左右されることなく、自由に動くことが出来る。

 泊まっていたゲストハウスからタラード・サオまで1.5キロばかりの道のり
 だったが 暑さを除けば、気にもならず、辺りに のんびり目を向けているうちに
 タラード・サオに到着した。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ビエンチャンへの旅 | 11:21:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。