■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景
バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 1

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 2

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 3

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 4

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 5

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 6

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 7

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 8

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 9

バンコク 集落 バーン・クルアを歩く‐03 静けさの宿る風景 10

 やっと雨期らしい雨期になり、過ごしやすい毎日に変わってきた。
 陽射しもさほど強くなく、外を歩き回ることも苦ではなくなった。
 我慢して耐えていれば 心地よい季節は巡ってくる。
 季節の巡りと同じように 人生の巡りもそうであってほしいと思うが 
 どうもそういうわけには行かないのが 頭痛の種である。

 外を散策することが 楽になったので 時間があれば、集落 バーン・クルアの
 中を動き回ることが多くなってきた。

 イスラム教徒 チャム族の集落は 三つの地区に分かれている。
 バーン・クルア・ヌア(北バーン・クルア)、バーン・クルア・タワントッグ(西
 バーン・クルア、バーン・クルア・タイ(南バーン・クルア)となっている。
 集落の中には 二つのモスクがあり、一つは バーン・クルア・ヌアに住む人たちの
 ためのものと もう一つは 他の二つの地区に住む人たちのモスクである。
 この二つのモスクが ここに住むイスラム教徒 チャム族の信仰の中心であり、
 生活の規範、規律を支えている。
 スンニ派のイスラム教徒のせいか、宗教による規範、規律は緩やかである。
 アルコールも ビール程度は飲むようだ。
 しかし 過度のアルコールに対しては抑制している。

 このイスラム教徒 チャム族の住む集落も この頃では 東北タイからの多くの
 出稼ぎの人々が 住むようになってきている。
 東北タイの人々は 酒好きで 酒に任せて 大騒ぎをするのが好きな人々であるが、
 この集落がイスラム教徒の集落であることから、イスラム教徒の生活に合わせて、
 静かに生活しているようだ。
 家主が イスラム教徒のチャム族であるから 勝手なことは出来ないだろう。

 センセーブ運河沿いの遊歩道で 東北タイ料理の屋台を出しているのは 
 東北タイの人々だし、お菓子の製造販売や惣菜などを売っているのはチャム族の人々だ。
 イスラム教徒の集落だから、豚肉料理などは売られていない。
 中国人たちも住んでいるが 豚肉を使った料理は 家の中だけのもののようだ。

 このチャム族の集落バーン・クルアは いつもどこか静けさ、穏やかさのようなものが
 感じられる場所である。
 イスラム教徒の持つ静けさなのか チャム族の人々の持つ静けさなのか、どちらか
 それはよくわからない。
 朝夕の祈りの時間には 集落の中にあるスピーカーから祈りの声が響き渡ることは
 あっても 騒がしいタイ独特の音楽が聞こえてくることはない。
 人々の話し声も 静かで 大声を上げていることはほとんどない集落だ。
 又、集落の中の清掃も行き届いており、いわゆるスラムでないことがよくわかる。

 当たり前の生活が つつがなく静かに行われている。
 人々の通る遊歩道には 鉢植えの草花が置かれ、住む人々の目を楽しませている。
 必要以上の豊かさもなく、生活に必要なものを大切に使う。
 あるものをあるがままに使いこなしていく無駄のない生活がそこにはある。
 新製品が作られれば、すぐさま飛びつく日本とは 対照的な世界である。
 そんな生活の形が 集落の中に静けさを生み出しているのかもしれない、
 ふとそんなことを感じてしまった。
 不必要に物に左右されていない世界が この集落には残っている。
 かといって 活気がないというのとは違うのである。

 確かに日々発展し変わりゆくバンコクの中の高層ビルの谷間にあるような集落では
 あるが、発展に逆らうというより、今ある状態をそのまま受け入れているという
 静かな決断のようなもの、それがイスラムの教えから来るのか、チャム族独特の
 生活姿勢から来るのか、それは両方なのかもしれない。
 長い歴史の中でベトナムからカンボジアへ そして タイのアユタヤへ、そして
 再びバンコクのこの地へというチャム族の流転の歴史は 民族に多くの知恵や叡智を
 残したはずである。
 変転の運命の中でも 大切にすべきものは何かを 知り抜いているはずである。
 運命を受け入れ、諦めず、争わず 平和に 異国で生き抜く知恵 その一つが
 静けさという知恵なのかもしれない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク 運河の辺の街 | 12:39:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。