■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ
バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 1

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 2

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 3

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 4

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 5

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 6

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 7

バンコク ビエンチャンへの旅 PARTⅡ‐04 街の中心へ 8


 8月25日 昼前

 タイ大使館から トゥクトゥクに乗って タラード・サオまでやって来る。
 途中 トゥクトゥクの運転手がしきりにホテルを紹介しようとしていたが、
 街の様子を見ながら、宿は決めるつもりだった。

 タラード・サオといえば、街の中心的な場所で ビエンチャンの中で一番大きな
 市場である。
 すぐ前には 地方へと向かうバス乗り場もある。
 この市場を訪れたのは もう12,3年以上前のことである。
 タラード・サオでトゥクトゥクを下りたのはいいが、土地勘がすっかり失われている。
 前回のビエンチャン訪問の際、手に入れた地図を眺め、自分の位置を確かめる。
 タラード・サオもすっかり様変わりをして 冷房の入った近代的な建物が建ち、
 私の持っていたイメージをすっかり変えてしまっていた。

 道路の名前を確かめ、地図上の自分の位置を確かめ、街の中心的な道路 Samsenthai
 Roadへと足を運ぶ。
 ここまで来れば、街の地理はわかる。
 ここから 今回泊まる宿探しの始まりである。
 この辺りには 高級ホテルも並んでいるが 私には縁がないので、噴水のある公園へと
 向かう。
 噴水まで行く途中にいくつかゲストハウスがあったが、皆、6,7百バーツ以上である。
 ここは諦めて、噴水のある公園へと向かう。

 この公園の横の路地には 前回の訪問の際、立ち寄ったカーオ・ラオ(ラオス風麺)の
 店がある。
 日本で働いていたというラオス女性の店だ。
 店を覘いてみると その女性とよく似た女性はいたが、彼女の姿はない。
 今は 彼女の妹がやっているようだ。
 その妹に 「お姉さんはどうした」と訊くと 「もうここにはいない。」と応える。
 まあ、とにかく ラオス風麺 カーオ・ラオを注文して食べる。
 値段は40バーツ、ラオスのお金なら 1万キップだ。
 タイの麺類より量は多いが、ラオス人の収入から見れば、安い値段ではない。
 それにしても ビエンチャンは暑い。
 タラード・サオからここまで歩き、そしてカーオ・ラオを食べただけで、
 もう汗まみれになっている。

 懐かしのカーオ・ラオを食べ、再び、宿探しである。
 カーオ・ラオの路地の反対側の道を歩き始める。
 中国の援助によって建てられた国立文化会館の裏の通りだ。
 その道を右に曲がり、少し歩き、今度は左に曲がると、わき道に入る。
 この辺りの新しい中級ホテルは、どこも3,40ドルである。
 お金に余裕のある人は この辺りのホテルを利用するのもいいだろう。

 どんどん歩き続け、Chao Anou道路を越えたところに ゲストハウスを見つけた。
 中に入って、受付で部屋の値段を訊くと ホットシャワー、冷房、テレビ付きで
 5百バーツだと言う。
 ビエンチャンの旧中華街に近く、場所的には活気のある地区である。
 早速、部屋を見せてもらうと、意外と小奇麗で、冷房、バス・トイレ付き、テレビ、
 その上、冷蔵庫までついている。
 部屋の窓からは、通りもよく見える。
 部屋の状態も、ホテルの場所も気に入ったので、とにかく1泊することにした。
 前金5百バーツを支払い、パスポートは タイ大使館に預けていたが、パスポート
 番号は憶えていたのでそれを書き入れ、部屋に行き、冷房をつけ、水浴びをして、
 一休みをすることにした。
 着ていたTシャツは すっかり 汗でびしょびしょである。
 ビエンチャンの暑さは 半端ではない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ビエンチャンへの旅 | 03:01:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。