■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク ジュライホテルに向かって
バンコク ジュライホテルに向かって 1

バンコク ジュライホテルに向かって 2

バンコク ジュライホテルに向かって 3

バンコク ジュライホテルに向かって 4

バンコク ジュライホテルに向かって 5

バンコク ジュライホテルに向かって 6

バンコク ジュライホテルに向かって 7

バンコク ジュライホテルに向かって 8

バンコク ジュライホテルに向かって 9

バンコク ジュライホテルに向かって 10

 フアランポン駅構内のチケット予約オフィスで ノンカイ行きのチケットを手に入れ、
 駅の外に出てみると、フアランポン駅のすぐ横を流れるクルンカセーム運河の向こうに
 スリクルンホテルが見える。
 このホテルにも 昔は何度となく泊まった想い出のホテルである。
 その頃から随分時が流れてしまった。

 バンコクの暑い陽射しの中を 昔と同じように フアランポン駅からジュライホテルに
 向かって歩いてみることにした。
 クルンカセーム運河に架かる橋の上に立ち止ると、緑色の運河の水の向こうに
 スリクルンホテルが見える。
 23年前にカトマンズからバンコクにやって来たときには 大してお金もなく、
 泊まることができるホテルといえば ジュライホテルぐらいだった。
 運河の水の色も当時は真っ黒に濁った水の色で 悪臭を放っていた。

 この橋を越えると 道が三つに分かれており、三つの道のうち真ん中の道が 
 ジュライホテルへと向かう道だった。
 その道の右側を歩くと、西洋風の白い建物がある。
 その建物の1階が マッサージパーラーで 大きなガラス張りの窓の向こうには
 ひな壇があり、上に 胸に番号をつけた女性たちが座り込んでいた。
 マッサージパーラーと名づけていたが そこは 女たちが春を売る場所だった。

 その建物の横には 細い路地があり、路地の入り口では 昔と同じように今でも
 雑誌を売る露店があり、健在だった。
 雑誌を売る露店の向こうには カーオ・マンカイ(鶏飯)の屋台があり、この店も
 昔からあったような気がする。
 昔の気分に浸るため、カーオ・マンカイの店の前のテーブルに座り込み、
 カーオ・マンカイを注文する。
 バンコクならどこでもお目にかかる料理 カーオ・マンカイだ。
 「30バーツのカーオ・マンカイか」と訊くので 「そうだ」と応える。
 うらびれた路地にふさわしいカーオ・マンカイの味は 美味しいといえるほどの
 ものではなかった。
 吹き出した汗を拭き、お金を払い、再び歩き出した。

 今度は道の左側を歩く。
 道の向こうには カラッカダ・イーシップソン・ロータリーが見える。
 ロータリーにまで行かず、ジュライホテルのちょうど裏の路地に入っていく。
 ジュライホテルが閉鎖されたせいか、昔のような賑わいはない。
 私が 朝 いつもブラックコーヒーを飲んでいた御茶屋も閉じてしまっている。
 ジュライホテルの裏口とつながっていた御茶屋だった。
 中国人たちと混じって コーヒーを飲みながらのぼんやりとした朝のひとときだった。

 ジュライホテルの道の向こうには 台北ホテルがあり、台北ホテルの横の路地の
 入り口には 毎朝 店を出す、チョーク(中国粥)の露店があり、「チョーク・サイ・
 カイ」(卵入りお粥)と注文しては よく食べたものである。
 今でも朝行けば、食べることが出来るのだろうか。
 豚肉の団子に豚の臓物の入った美味しいチョークで、さすがチャイナタウンと思わせる
 味だった。

 それにしても 20年はあっという間に過ぎ去ってしまった。
 そんな気持ちを抱えながら、バス停に向かって歩いていくと、年齢が 40,50に
 近づいている立ちんぼうの娼婦たちが 昼間から立ち並んでいる。
 商売として成り立つから、通りで立ちんぼうをしているのだろう。
 20年前の自分、20年前の彼女たち、そして今の自分、今の彼女たち、
 眼を合わせるわけにもいかず、無視を決め込んで バス停に向かって歩いた。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク ある風景 | 22:15:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。