■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコクから この10年 日本はどうなったのか!
 この25年以上 日本に定住することなく、1年の大半をタイかネパールで暮らす
 ことが多く、日本の政治とも縁のないところに身を置いていた。
 ただ、ここ10年 日本に帰国するたびに 日本の国のあまりの変貌振りには
 驚くばかりだった。
 私の日本の生活というイメージは 25年前に日本を離れる前の日本の姿で、
 そのイメージから、あまりにかけ離れてしまった日本を感じるばかりである。
 日本を離れての最初の15年ばかりは あまり気にならなかった日本の姿も、
 その後の10年のあまりの変貌振りに たまに帰っても 日本の現状に適応する
 ことが出来ない自分を感じるばかりである。
 特にあまりに変わり果てた若者の姿には 眼を覆うものがあった。
 電車に乗れば、大半の若者たちは携帯を使って メールを打ち込んでいる。
 優先席には 平気で皆座り込み、年寄りが近くにやってきても知らん顔、
 公共道徳などどこにも期待できない世の中になっていた。

 10年前といえば、小泉政権が誕生したころである。
 日本の終身雇用制は崩れ、日本人がマネーゲームに明け暮れていたこの10年である。
 お金さえ手に入るなら、何をしてもいいという風潮、年寄りを騙す悪徳商法、
 振り込め詐欺、違法薬物の蔓延、止まる事を知らない世の中になってしまっている。

 ネパールやタイで生活することが長いから、ネパールやタイの政治や文化には関心を
 持っていたし、外国人が異国で暮らすには その国の政治や文化に関心を持つのは
 当然のことだし、それは身の安全にもつながる。

 日本という国は 私にとっては もう異国のような存在になってしまい、ここまで
 日本という国が変貌してしまえば、日本に帰ったときの身の安全のためにも 日本の
 政治や文化にも関心を持たざるを得なくなってしまった。
 私の持っている日本の常識が通用しなくなっているのである。

 政権交代が焦点になっている衆議院選挙まで残り2週間ばかり、この10年 日本では
 何があったのかが インターネットのブログなどで 分析されている。
 タイやネパールでは 書籍を手に入れることは難しいし、手に入れることは出来ても
 やたら高くて 手が出せない。
 その点、インターネットの普及は情報を手に入れるには便利である。

 良識のある人間味のあふれる人の発信するブログを見極めること、これが大切なことである。
 ある意味では ブログの記事からブロガーの人間性を知るということが大切なことである。
 国民の生活に眼を向けているかどうかが 大切な視点である。
 インターネットのブログの世界に 『ブログランキング』というものがある。
 政権交代を望むブログもあるし、反対のブログもある。
 この期に及んでも相変わらず、自公明政権の存続を願うブログも ブログランキングの
 上位を占めているが、彼らのブログを読んでいても 国民の生活という視点は 
 ほとんど感じられない。
 この10年で国民の年間所得の平均が百万円減っていること、年収三百万円以下の
 人の数は50%を超えてしまっていること、年収二百万円以下の人が一千万人を
 超えていることなどには眼を向けようとしない。
 こうしたブログを発信している人はどういう人なのか、その人間性が全く見えてこないから
 不思議である。
 生活のにおいが全く感じられないのである。
 それは自公明政権が 発する言葉と重複してくる。

 『反日勢力』という言葉が多用され、政権交代が起きれば、日本は『反日勢力』の
 思うままになるという論法で攻めてくるのであるが、この『反日勢力』なるものが
 『反日』『反日』と政権交代派を責めながら、政権交代を阻止しようとしているように
 しか思えない。
 それは自公明政権や自公明政権と癒着した大企業や暴力団、『反日勢力』にお金で
 雇われたブロガーのように思えてくる。
 それか この10年間 うまく立ち回り 甘い汁を吸ってきた人間たちなのだろう。
 だから、国民生活を言う視点や論点は 少しも見えてこない。
 この10年の自公明政権の中で 甘い汁を吸ってきたのであるから、自公明政権存続を
 願うのは当然のことであるが…。
 私は こうしたブロガーには全く興味はない。

 昨夜も この10年 日本では何が行われてきたのか、戦後 日本の政治の歩みは
 どうだったのかという良識ある視点で書かれているブログの記事に出会った。

 Aobadai Life (http://ameblo.jp/aobadai0301/)というブログを発信するブロガーの
 方の記事である。

 テレビ朝日スーパーモーニングが、浦上天主堂保存におけるアメリカの対日工作を放送
 http://ameblo.jp/aobadai0301/entry-10320950013.html

 その中にこんな記事があり、日本の現状を知るには大いに役に立った。

 「秘密のファイル CIAの対日工作」から考える戦後史(1)
 http://ameblo.jp/aobadai0301/entry-10296880008.html

 「秘密のファイル CIAの対日工作」から考える戦後史(2)
 http://ameblo.jp/aobadai0301/entry-10296880008.html

 戦後64年の日本の政治の中で行われてきたこと、アメリカの影響力の大きさを
 改めて知らされたという思いである。
 こうした良心的で良識を持つブロガーの記事が 多くの人に読まれ、日本に対する
 現実認識を深めていければと願うばかりである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 10:22:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
お写真を3枚転載させて下さい。
ひかるのさん、

ご無沙汰してしまいましたが、お元気にバンコックやビエンンチャンやご旅行の様子を嬉しく拝見しました。

日本も衆議院宣教が終わり、民主党が308議席も取りました。小生の今日のブログにその日本社会への影響を書きました。ご覧頂ければ嬉しく思います。

ところでバンコックの広々とした河の風景写真1枚と花市場での花の写真を2枚、私のブログへ転載させて頂きたいとおもいます。
どうぞご了解のほどをお願いいたします。
敬具、藤山杜人
2009-08-31 月 15:00:29 | URL | 藤山杜人 [編集]
藤山様

お元気になられてよかったですね。

写真どうぞお使いください。

毎日のようにスコールのやってくるバンコクです。

スコール後の涼しさで 身体を休めています。

お体 くれぐれも ご自愛ください。

                          ひかるの
2009-08-31 月 17:22:09 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。