■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 猿と一緒に雨宿り
カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 1

カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 2

カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 3

カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 4

カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 5

カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 6

カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 7

カトマンズ 猿と一緒に雨宿り 8

 バグマティ橋の近くのタパタリの交差点のネワール・カザ(ネパール人の昼飯用の
 軽い食事)の店で ネパール・モモと水牛肉料理で軽い昼食を済ませ、バグマティ川の
 川辺に下りていこうと思い、すぐ近くのナラヤン寺院の入り口までたどり着くと、
 急に雨足が激しくなってきた。
 家を出るときに それまで降っていた雨が止んだので、もう雨は降るまいと雨具の
 用意はしてこなかった。
 仕方がないの、寺院の入り口の屋根の下に佇み、雨をやり過ごしていると、道の
 向こうから1匹の雌猿がやってきた。
 猿も雨に濡れることは厭らしく、すぐ近くまでやってきて 同じ屋根の下で雨宿りを
 決め込んだようである。

 隣に私のいることを気にするでもなく、のんびりとあたりを見回している。
 カメラを向けても別に嫌がる様子もない。
 ポケットに飴玉が突っ込んでいたので、それを見せ、手渡すと ありがとうという
 わけでもなく、外側のビニールを剥ぎ取って食べ始めている。
 普段は 食べ物を手にしている人間を見ると、隙をねらって、うまく食べ物を
 奪い取っていくこの近辺の猿たちであるが、こっちの方から与えると 神妙な顔つきで
 食べているから 不思議なものである。
 猿と一緒に雨宿りというより、何やら 雨宿りの仲間が増えたといった感じで、
 こちらの気持ちも変わってくる。
 猿のほうも飴玉をもらったせいか、警戒心も薄れ、互いに雨宿りの仲間のような感じに
 なった。

 確かに通行人から 食べ物を掠め取る猿たちであるが、取られた側もそれで猿を
 憎むわけでもなく、遠の大王 ハヌマンの化身ぐらいに思って、喜捨でもしたつもりに
 なるのだろうか。
 私も以前 このあたりを 買ったばかりの梨をビニール袋に入れて歩いていると、
 猿がそ知らぬ顔をして、後ろからついてくる。
 後ろを気にしていると 前のほうからも梨をねらっている。
 今度は前のほうに気を取られた隙に ビニールの袋を破られ、その中の二つを
 猿に奪い取られてしまった。
 こちらの不注意だから仕方がない。
 猿も生きていかなくてはならない。

 雨も小降りになり、雨宿りの猿に別れを告げ、ナラヤン寺院の中庭を抜け、
 バグマティ川の岸辺へ下りてゆき、岸辺に沿って散策を続けた。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 14:04:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。