■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 動物天国 カトマンズ
カトマンズ 動物天国 カトマンズ 1

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 2

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 3

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 4

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 5

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 6

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 7

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 8

 カトマンズ盆地の中に住む人々の人口は 三百万人に近づこうとしているというのに
 街の中は まだ田舎のような雰囲気を残している。
 その一つの姿が カトマンズの街中に住んでいる動物たちである。

 牛、水牛、山羊、猿、犬、アヒル、鶏などは 街の中で当たり前に見かける。
 それも大半は 放し飼いである。
 牛などは 我が物顔で路上に寝そべっているし、バグマティ川に架かるカトマンズと
 パタンを結ぶバグマティ橋のすぐ近くにあるラーマ寺院には 多くの猿が住み着いて
 いる。
 ラーマ寺院というのは インドの叙事詩『ラーマヤナ』の主人公 ラーマを祭って
 ある寺院で ラーマヤナの物語の中で 猿の大王ハヌマンが ラーマを助けたことから
 ラーマ寺院の中では猿が飼われていることが多い。
 この橋の近くのラーマ寺院の猿たちも数が増え続け、寺院で与える餌だけでは
 充分ではなく、道行くネパール人たちを狙い、ぼんやりしているネパール人から
 とうもろこし、果物、お菓子、アイスクリームなどを掠め取っている。
 そんなことが日常茶飯事ではあるが、取られたネパール人たちもやられたと思う
 ぐらいで 別に怒り出すわけでもなく、苦笑いをしているだけである。

 犬だってそうである。
 路上の至るところに放し飼いになっており、大半の犬には飼い主はおらず、
 近所の人たちが適当に餌をやっているうちに 居ついてしまったというのが
 実情である。
 ちょっと餌でも与えれば、すぐさま 仲良しになってしまう。
 余程のことをしない限りは 昼間であれば、噛み付くということもない。
 昼間の暑い午後などは ほとんどの犬たちは だらしなく惰眠をむさぼっている。
 夜になると 自分のテリトリーを徘徊し、見知らぬ人間を見かけると そんなときは
 吠え掛かってくるから要注意である。
 これが泥棒よけにもなっている。
 1時期 犬が増えたことから、カトマンズ市当局が 犬の捕獲を始め、
 犬を処分しようとしたが、カトマンズ市民の抗議から頓挫してしまったことがある。
 確かに狂犬病は怖いが、村々では犬に咬まれるという話は聞くが、カトマンズ市内に
 ついていえば、あまり聞かない。
 狂犬病より、皮膚病の方が気になる。

 山羊や水牛、アヒル、鶏は カトマンズ市民の大切な食料だから、街の至るところで
 見かけるし、バグマティ川沿いの河川敷周辺では 動物たちがのんびりと草を食んで
 いるし、牧歌的な風景が広がっている。

 カトマンズの街にいると 人間と動物が うまく共存していることがよくわかる。
 これだけでもカトマンズは 不思議な雰囲気を持った場所である。
 水牛、山羊、アヒル、鶏の屠殺などは 街中でも見ることがあるし、残酷というより、
 肉を食べていても 命を頂いているという実感がある。

 人間のみならず、カトマンズに住む動物たちを眺めていても飽きないカトマンズである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 18:01:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。