■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 雨期のバンコクなのに‐03 雨が降らない
バンコク 雨期のバンコクなのに‐03 雨が降らない 1

バンコク 雨期のバンコクなのに‐03 雨が降らない 2

バンコク 雨期のバンコクなのに‐03 雨が降らない 3

バンコク 雨期のバンコクなのに‐03 雨が降らない 4

 ネパールの雨期も雨不足だったが、このバンコクでも うす曇りの毎日で 
 雨は ほとんど降らない。
 南国特有のスコールさえない。
 日本では長梅雨と言われて 未だに梅雨が明けないような天候なのにおかしなもので
 ある。
 少し、野菜類は高くなっているようだが、果物類は 安くなる一方だ。
 今 路上や市場で見かける果物といえば、ラムヤイ(竜眼)、ゴ(ランブータン)
 マンクッド(マンゴスチン)、どの果物も1キロ 20バーツ前後という安さである。
 野菜、果物の高騰するネパールからくると、いつもは高く感じられるタイの野菜も
 果物も安く感じられる。

 バンコクにやってくると いつも顔を合わせる行商の果物売りの人たちと出会う。
 皆 東北タイから出稼ぎに来ている人たちである。
 それぞれの顔見知りの果物売りから、ランブータン1キロ、ラムヤイ1キロ、
 マンクッド1キロと買う。
 カトマンズでは インドからやってきている果物は軒並み値上がりで、いつもの年なら
 1キロ50ルピー(25バーツ)以下のマンゴが 今年は70,80ルピーしていた。
 野菜も果物も2倍近い値段なのである。
 ネパールの物価は安いという説も風化寸前である。

 昨夕も 運河の向こうの市場に惣菜を買いに行くと 一袋 10バーツ、三袋買っても
 30バーツで、この量なら 家族2,3人が食べても大丈夫だ。
 時間が遅くなると 一袋20バーツの惣菜が半額になるのである。
 ネパールでは 肉カレー付きのダール・バート・タルカリのネパール定食が 
 130ルピー(約65バーツ)になっている。
 こんなものを毎日食べていたら、1ヶ月の収入が 瞬く間になくなるから、カトマンズ
 庶民たちは 外食などせず、自炊の中で 細々と自衛に励んでいる。
 それも限界点に達しようとしている。

 タイの場合は 未だに政情不安定で その上 景気も悪化している。
 こんな中で物価が高騰すれば、都市住民の不満が噴出し、再び、反政府運動が
 勃発しかねない。
 そのことから 無理に物価の高騰を押さえ込んでいるのだろうが そのしわ寄せは
 地方の農家の減収につながり、地方の不満を作り出すという悪循環に陥っている。

 それにしても カトマンズの人々の生きるために必死な姿を見てくると 
 このバンコクの人々の姿が 物足りないもののように思えてくる。
 このバンコクを覆うけだるい雰囲気に慣れるには どうも時間がかかりそうだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 06:10:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。