■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐09
カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐09 1

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐09 2

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐09 3

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐09 4

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐09 5

カトマンズ 川辺のシバ寺院に住む子供たち 小さな歴史‐09 6

 このシバ寺院を初めて訪れたのは 今から1年半ほど前である。
 このバグマティ川の川辺に古い寺院があるのは知っていたが このシバ寺院の中に
 足を運ぶことはなかった。
 それまでは このバグマティ川沿いの地域に住んでいても カトマンズの街の
 中心部へと出ることが多く、自分の住んでいる地域を散策することはなかった。

 全く仕事は関係なしに このあたりを散策するようになり、 この川辺のシバ寺院に
 何度か足を運ぶ中で、シバ寺院の入り口に座り込んでいた子供たちと出会ったのである。
 その子供たちが 仲良し3人組のタマン族のスジータ、ネワール族のビックラム、
 タルー族のスーザンだった。
 3人は 近くにある公立学校の小学2年生で 同じクラスで学ぶ同級生だった。
 しっかり者のタマン族の女の子 スジータが 二人の男の子 ビックラムとスーザンに
 ネパール語の教科書を読み聞かせていた。

 それから1年半の月日が流れ、ネワール族のビックラムは学校をやめ、タルー族の
 スーザンは家の事情からしばらく学校に通えず、退学になり、別の学校に通うように
 なってしまった。

 このシバ寺院の中に住んでいるのは ビックラムの家族とスジータの家族、そして
 チェットリ族やバウン族の家族も住んでいる。

 タマン族であるスジータの家族は 父方の祖母、そして 父親、どきどき 
 まだ若い叔父の姿を見かけることがある。
 母親はいないようで 祖母がスジータの母親代わりをしている。
 この頃になってよく父親の姿を見かけるようになった。
 それまでは家に帰ってくるのは 土曜日だけで 他の日は遠くで働いていたようだが
 今は近くで 廃品のダンボールやプラスティックの圧縮の仕事をしている。
 ビックラムの父親も 以前はその仕事をしていたようだが、酒で身を持ち崩し、
 仕事がいい加減になって 辞めてしまったようだ。
 スジータの祖母は 60歳過ぎだが、その顔のしわの具合を見るともっと年を取って
 いるように見える。
 厳しい肉体労働の中でその人生を過ごしてきたに違いない。

 タマン族は 数多くの先住民族の中でも 人口の多い先住民族で カトマンズの周辺部に
 多く住むチベット仏教を信仰する民族である。
 そのため ヒンズー教を国教とする240年の王制の歴史の中では 軽んじられ、
 教育の機会も与えられず、虐げられた貧しい生活を強いられた民族である。
 彼らの耕す田畑といえば、山間部の痩せた土地で、農耕に適した土地はすべて 
 チェットリ族、バウン族に奪われてきたのである。

 貧しさと教育レベルの低さは 彼らを過酷な肉体労働へと追いやっていったのである。
 リキシャ、荷運び、ネワール族のための田植え時の土起こしなどもタマン族の仕事で
 ある。
 そんな王制時代の歴史の延長線上にスジータの祖母の人生もあったに違いない。
 それを乗り越えるために スジータを学校へと送り出しているが、
 授業料の安い公立学校で学ばせるのがやっとのことだ。
 その公立学校に行く子供たちの中でも スジータの家族は貧しい。
 制服や学用品を揃えることだって 楽ではない。
 そんな問題が出てくると スジータも学校へ行くのを嫌がることもあるようだ。
 祖母 父 スジータの三世代の家族 いつになったら 貧しさから解放されるのだろう。
 努力と勤勉さだけでは 解決できないネパールの歴史の重さが 彼らの肩に圧し掛かっている。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




カトマンズ バグマティ川の辺にて | 16:02:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。