■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコクから 総選挙まであと1ヶ月
 すべての政党からマニフェストが正式に発表されたようだ。
 政権をこれまで担当していた自公明政権のうち、自民党のものが一番 最後に公表され、
 相変わらず、政策的な裏づけのない、200万人の雇用確保、10年で百万円の年間
 所得の増加などと いい加減なことを書き連ねている。
 この10年で 国民の所得が 百万円減ったこと、福祉が後退したこと、年収3百万円
 以下の国民が5割を超えたこと、年収7百万円以上の国民が1割、こうした格差を
 作り出したことに対 する反省の姿、謝罪の姿などどこにもない。

 こんな自公明政権に まだ政権をゆだねようとする国民がいるとするなら、
 この自公明政権から余程の利を授かっている人間か 余程のお人好しであるとしか
 考えられない。
 まともに働いている人間であれば、この10年で百万円の年収の目減りに対して、
 政権担当政党の責任を追及し、その理由を知ろうとするのが当然であるが、国民一人
 一人の意識がそこまで至っておらず、真実を見極めようとする姿勢もまだまだ育っては
 いない。
 これをうまく利用して 国民を騙しながら操ろうとする勢力が マスコミを利用して
 嘘の情報を垂れ流しているようだが、ここまで生活が大変になると、甘い言葉だけでは
 簡単には 国民の振り向かなくなっている。

 この10年 日本で何が行われていたのか その真実は 政権交代によって暴かれる
 必要がある。
 日本の富、資産はどうなっていったのか。
 経済成長を謳い続けきたこの10年 国民はその利益すら享受出来ず、
 年収を減らしてきたのはどういう訳か。
 企業収益は増えたにも係わらず、それが働くものへと還元されなかったのは 
 どういう訳か。
 そのからくりを 国民は知らなくてはならない。
 本当に教育レベルの高い国民であれば、それは難しいことではないだろう。

 この政権交代の可能性を含んだ衆議院総選挙の意味を 植草一秀氏が 
 氏のブログ 植草一秀の『知られざる真実』の中で 次のように分析している。
 必見に値するものである。

  日本で無血市民革命=政権交代が成功する理由
  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-d192.html

 自分の目で確かめ、自分の生活を見つめるという人間特有の知性と感性を取り戻すこと
 それが出来なければ、奴隷と同じである。
 自分の身体が本当に感じていることなのか、自分の頭で判断したことなのか、
 真実を見極めようとする姿勢がなければ、生活は変わっていかない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




徒然なるままに | 05:16:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。