■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 老人たちの営み
カトマンズ 老人たちの営み 1

カトマンズ 老人たちの営み 2

カトマンズ 老人たちの営み 3

カトマンズ 老人たちの営み 4

カトマンズ 老人たちの営み 5

カトマンズ 老人たちの営み 6

カトマンズ 老人たちの営み 7

カトマンズ 老人たちの営み 8

 カトマンズの路上を歩いていると 老人たちが通り行く人相手に 小さな商いを
 しているのをよく見かける。
 カメラを向けると 怪訝そうな顔で私をにらめつけたおばあさんも 
 話をしていく中で優しい顔に戻った。
 そばには スモモを売っている娘さんもいた。
 
 10ルピーもしないような耳かきのような雑貨を売っているマガール族のおじいさん、
 あまりに売れていそうになかったので 5ルピーと10ルピーの耳かきを買って
 しまった。

 バグマティ橋のパタン側の入り口には 焼きトウモロコシを売るマガール族の
 おばあさん、歯が丈夫であれば、買ってもよいのだが、奥歯が すっかり駄目に
 なっていて、ネパールの硬いトウモロコシには太刀打ちできない。
 1日 どう頑張って売っても 食べていくのがやっとの商いである。

 皆 カトマンズの外の村からやってきている貧しい人たちだ。
 ネパールの先住民族のマガール族、タマン族の老人たちが多い。
 昔は カトマンズに仕事を求めてやってくる人たちといえば、タマン族の人たちが
 多かったが、近頃ではマガール族の人たちを見かけることが多くなった。

 田植えの頃になると 現金収入を求めて、カトマンズ盆地の先住民族 ネワール族の
 田んぼの土起こしをするのはタマン族の仕事である。
 今もそれは変わらない。

 路上の片隅に老夫婦が座り込んでいることもある。
 おばあさんがトウモロコシを焼いているそばで座り込んでいるおじいさん、
 悩ましげな様子でぼそぼそと話し込んでいる。
 チェットリ族の老夫婦だ。

 タバコや飴玉、インスタントラーメンを細々と商っているタマン族の老夫婦、
 「どうして、息子たちと一緒に生活しないのか」と訊くと
 「二人で生活するほうが気楽でいい」と言う。

 バグマティ橋の上流に拡がるスラムの中の手押しポンプの前では、
 タマン族のおばあさんが 食べ終わった後のステンレスの皿類を洗っている。
 その脇には 彼女の20歳ぐらいの孫がいる。
 その孫の話を聞くと、彼が幼い頃に 両親はインドに出稼ぎに行き、
 そのまま帰って来ず、その後の連絡もないと言う。
 彼のおばあさんが 女手一つで彼を育て上げたのだ。

 カトマンズの至るところに こんな風にして生活している老人たちはいくらでもいる。
 政府の生活保障のない発展途上国なら、珍しい話ではない。
 身寄りのない、あるいは面倒を見てくれる家族のない貧しい年寄りたちは、
 生きていくためには 何でもいいから、持てる方法の中で生活していくための方法を
 見つけ出す必要がある。
 240年のネパールの王制の中で 虐げられてきた貧しい先住民族にとっては 
 当たり前のようになっている姿である。
 インドからやってきた老人にとっても同じことである。

 どんな逆境の中でも とにかく生き抜いていくのだという姿、この生命力は凄いと思う。
 これは 今の日本の老人たちがすっかり失ってしまったものだろう。
 楽な生活は手に入れたが 最後まで生き抜くという人生に対する気構えは 
 失われたのかもしれない。
 
 背の曲がったおばあさんが 幼い孫に手を引かれて歩いていく。
 どんなことがあっても 生き抜いていくという意志のようなものが
 その後姿から伝わってくる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 生き抜く人々 | 17:45:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。