■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴
カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 1

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 2

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 3

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 4

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 5

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 6

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 7

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 8

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 9

カトマンズ インドからやって来た子供たち‐04 饗宴 10

 薄曇の空の下、バグマティ川の河川敷の広場に行ってみた。
 グランドでは 子供たちや若者たちが サッカーを楽しんでいる。
 そのグランドの向こうの1段下のある草むらの中に まるで色とりどりテントを
 張ったような様子で 潅木の上に布がかけられている。
 一体何だろうと近づいていってみると、黒い鉄の吊り橋の下で廃品回収を
 している家族の子供たちが 集まって遊んでいる。
 皆 インドから逃げるようにして カトマンズに生活の糧を求めてやってきた
 インド人たちの子供たちだ。

 最初は警戒して カメラを向けると顔を隠していたが、話をしていくうちに
 打ち解けてきた。
 子供たちの様子を見ていると なにやら 家族ごっこのようなものをしているようだ。
 布で囲んだ場所は どうも家の中らしく ヒンズー教の神様を祭った祭壇のような
 ものもある。
 「何の神様を祭ってあるの」と訊くと 「ビシュヌ」だと応える。
 色とりどりの布で囲まれた家の外では かまどが作られ、一人の女の子が火を
 起こしている。
 その横の女の子は どこから持ってきたのか 白い粘土状のもので ロティを
 作っている。

 1年ほど前 この草むらの先の林の中で もう少し年齢の上の女の子たちが
 ままごと遊びではなく、臨時のかまどを作り、野菜カレーを作って 皆で
 食べていたのを見たことがあった。
 ここにいる女の子たちは そのための実地の訓練をしているようだ。

 男の子たちは 女の子たちの様子を眺めるだけで 周りをうろうろしているだけ
 である。
 それでも 廃品回収のゴミゴミしたところにいるときよりも のんびりと穏やかな
 顔つきになっている。
 緑の草むらの中でのんびり戯れるということは 子供にとっても 大人にとっても
 大切なことには違いない。
 自然に囲まれ、緑に癒され、心の優しさを取り戻すことも出来るだろう。

 廃品回収場あたりに屯しているときのこの子供たちは 憎憎しいぐらいのたくましさを
 表わして すっと馴染んでいけないときもあるが、こうして自分たちの遊びの世界で
 戯れているときには 子供らしい当たり前の表情を見せている。

 子供は本能的にこうした気晴らしの出来る場所で 心のバランスを取る必要がある
 ことを知っているのだろう。
 彼らの中にまだ残っている本能的な野性が それを知らせるのだろう。

 この草むらの中で 失われた人間らしさ、子供らしさを取り戻そうとしている
 ようにも見える。
 そういう意味では 日本などの先進諸国の子供たちよりも適応性、柔軟性を
 持っていると言えるだろう。
 人間の中にある動物的な本能、感性は 心のバランスを回復することの必要性を
 子供たちに自然に知らせてくれる。
 この子供たちを見ていると どんな状況の中でも どうにか生き抜いていくだろうと
 思えてくる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 13:04:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。