■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ ラットナ・パークの賑わい
カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 1

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 2

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 3

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 4

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 5

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 6

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 7

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 8

 カトマンズの中心部に行くと 必ず足を運びたい場所が一つある。
 その場所の名前は ラットナ・パークだ。
 庶民の憩いの場所といえば聞こえはいいが、大きさは 大したことはない。
 憩いの場というより、庶民の暇つぶしの場所と言ったほうが近い。
 金曜日は 官庁や学校が半日とはいえ、午後2時ごろ ふらふらしている人間は
 どんな人間だろう。

 仕事の情報でも求めて集めっている人か、暇を持て余している年寄りか、
 あるいは 食べ物やお金を期待して集まるストリートチルドレンか、多種多様の
 人間がここに集まってくる。
 ネパールの縮図を象徴しているような場所で 様々の民族も集まってくる。

 皆それぞれに木陰を見つけては 思い思いの様子で座り込んでいる。
 そんな彼らの様子を眺めていると 物質的な豊かさを取るか、時間に恵まれた豊かさを
 取るか、両方を得ることなど出来ないのでは思えてくる。
 納得のいく時間のすごし方、ゆとりを得ようと思えば、ある程度の便利さ、物質的な
 豊かさは我慢ずる必要もあるだろう。
 物質的な豊かさ、便利をを求めて、忙しく働いていれば いつまで経ってもゆとりの
 ある生活は生まれてこない。

 公園の一角では 政治討論会のようなものが行われている。
 時事放談のようなものだろう。
 見ず知らずのもの同士が集まって、話題にしたがって 議論している。
 全くの赤の他人同士が こうして集まり、楽しげに議論をする。
 社会の持つ健康さが このカトマンズにはまだ残っている。
 日本の日比谷公園や代々木公園で 見ず知らずの人間同士が 政治の話、社会の
 出来事について あたかも昔からの知り合いのような和気あいあいとした様子で
 語り合うことなど 想像も出来ないことだ。
 日本の国会議員も県会議員、市・町・村会議員も 選挙のときだけでなく、日頃から
 民衆、庶民の中に入って 皆と一緒に時事放談でもすれば、人々の政治離れも減り、
 政治が身近なものになるだろう。

 ラットナ・パークの中にあるフード・アベニューも健在である。
 川魚のフライ、水牛肉の煮込み、焼きトウモロコシ、パニ・プーリ、切り売りの
 果物、南京豆などが 懐を痛めない程度の安い値段で売られている。
 皆 10ルピー、20ルピーで買える範囲内のものである。

 決して美しく整備されているわけではないが カトマンズ庶民たちが気楽に気取らずに
 身をおける場所である。
 日本の公園のように規則だらけで 居心地の悪さを感じさせない。
 余計な規則をどんどん作っていけば 国民の生き生きした生活場所を奪っていくこと、
 民衆の持つ健全さを失わせていくことになる。
 今の日本を見ていると 生き生きとした生命力を失った国民、人と人がつながる
 ことの出来ない不健康な人間を作り出そうとしているのかとも思えてくる。
 何でもかんでも管理してやろうという政府や自治体の姿勢は 国民の持つ自主性、
 意欲を失わせてしまうものだ。
 どこか歯車の狂っている日本を感じさせてしまうようなカトマンズ ラットナ・
 パークの民衆の姿である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 14:09:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。