■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 夕空の抒情詩
カトマンズ 夕空の抒情詩 1

カトマンズ 夕空の抒情詩 2

カトマンズ 夕空の抒情詩 3

カトマンズ 夕空の抒情詩 4

カトマンズ 夕空の抒情詩 5

カトマンズ 夕空の抒情詩 8

カトマンズ 夕空の抒情詩 6

カトマンズ 夕空の抒情詩 7

 雨期に入ったカトマンズ盆地の空と雲の変化には 心を奪われてしまう。
 不安定な天候の変化は その変幻自在な姿を夕暮れ時に現す。

 そんな夕暮れ時になると バグマティ川沿いに散策を繰り返し、川辺のシバ寺院が
 対岸に見える運動場のようになっている河川敷の広場に佇むことにしている。
 夕闇が迫ってくると 広場で遊んでいた子供たちの姿もいつの間にか見えなくなり、
 薄暗闇の中のバグマティ川岸辺の水場で 水浴び、水汲みをしている人たちだけの
 姿が残る。

 河川敷の広場を囲む雑木林の上では カラスたちが しきりに騒ぎ、飛び回っている。
 対岸に見える川辺の二つのシバ寺院もだんだんとシルエットに変わっていく。
 茶色に色を変えたバグマティ川の水の流れも 黒く変わり、その水音、せせらぎが
 目立ち始める。

 山の町 カトマンズが美しい装いを見せる瞬間である。
 人口増加ですっかり変わってしまったカトマンズであるが、まだどこか懐かしい
 山の町の姿が感じられるときだ。

 二つのシバ寺院のシルエット、その上に広がる空と雲の饗宴、沈み行く夕陽とともに
 その色合いを変えていく。
 バグマティ川の流れ行く音に耳を傾けながら、その色彩の変化に心を奪われ、
 その色彩が心の奥に沁みてくる。

 暮れなずむ田畑の向こうには 一本の木がある。
 その後ろには 妖艶ともいえる夕焼け、この夕焼けを背に家に向かった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




カトマンズ バグマティ川の辺にて | 03:57:18 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
アジアカラーからのお知らせ
突然の投稿失礼致します。

当方はアジアカラー[ http://www.asia-color.net/ ]
というアジア在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様
にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.asia-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。
2009-07-07 火 12:39:02 | URL | アジアカラー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。