■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイのニュースから 笑い話にもならない話
 タイを旅行している日本人旅行者がこんな事件に巻き込まれた。

  *** カオサンで知り合った邦人女性に対する性的暴行で韓国人の男を逮捕 ***

  ― ネーション系のタイ語速報によると、チェンラーイ県の警察当局は25日、
    23歳の日本人女性旅行者に対する監禁及び性的暴行容疑で41歳の韓国人の
    男を逮捕した。

    被害にあった女性によると、11日にバンコクのカオサン通りで
    男と知り合いになり、その後カンボジアで男と再会した際に
    恋愛感情抜きで節約の為に男と部屋をシェアーし、16日にバンコクに
    戻った際にも再度男と部屋をシェアーしていたが、夜になって男に
    性的な暴行を受けると共に男にパスポートや現金を押さえられ、
    更に旅行カバンに至っては男が所持していた鍵でロックされ 事実上
    男に軟禁状態に置かれてしまったという。

    その後、22日にチェンラーイに連れてこられたが、そこでも暴行を
    振るわれ脅された為、男が外出している隙を見計らって脱出し警察に
    駆け込んだという。

    逮捕された男は警察に対して、容疑事実を認めているという。 ―

                          『タイの地元新聞を読む』より
                           http://thaina.seesaa.net/


 こんなニュースを読むと 日本の若い女性はどうなっているのかと驚くばかりである。
 23歳という年齢ということなので 私が日本を25年前に離れた後に生まれた人だ。
 日本のバブル景気、バブル崩壊、そして 小泉内閣発足という流れの中で育ってきた
 人間である。
 41歳の男と23歳の女が 旅で知り合い、見ず知らずの他人同士が同じ部屋に寝泊り
 することに 女のほうが 何のためらいも感じなかったというのはどういうことなの
 だろう。
 25年のアジアでの生活、インド、ネパール、タイで多くのカップルを見てきた。
 日本人同士のカップルもいれば、日本人と欧米人のカップルもいた。
 同じ部屋に寝泊りするのだから、セックスについても互いに許容しあっているのだと
 納得して眺めていたものだった。
 男と女が 旅の道ずれになり、同じ部屋に寝泊りしていれば、それが当然の帰結で
 あると 誰しも思うのは当然のことである。
 そんなことすら この日本女性はわからぬほど うぶな女性だったのだろうか。
 たまたま知り合った男と部屋を同じにするということは 何が起こっても 自分の
 責任で対処する、対処できるということが前提であるが、そんなことすらも理解して
 いなかったようだ。
 男の側からすれば、カオサンで知り合い、カンボジアで再会し、部屋を共にする、
 そして バンコクのカオサンに帰ってきてから 再び部屋をシェアーするとなれば、
 相手の女にその気があるのではと思ってしまうのも当然のことだろう。

 判断力、自衛力がなければ、海外では 様々の災難が降りかかってくるのは当然である。
 バブル、バブル崩壊、小泉売国政権誕生、その後、次々と目まぐるしく変わる内閣、
 その中で育った世代が 今の若者たちである。
 日本の資産、富を狙うアメリカからすれば、社会・政治に関心がなく、自分の足元を
 見つめる判断力も自立心もない若者が増えてくれば、申し分ないだろう。
 その後ろには そんな若者を育てた親たちの世代がいる。
 自分の子供に生きていくために何が必要なのか伝えることの出来なかった親たちである。
 小泉政権時代にB層と呼ばれ、新聞・テレビの報道で簡単に操作可能な人たちである。
 自分の頭で考えようとはしないから、簡単にだまされてしまう人たちだ。
 教育の不毛も政治の不毛も こうした人たちが作り出してきた。
 こういう人たちを マスコミを使って簡単に操作してきた小泉内閣以後の自公明政権、
 その裏には 日本の富を狙うアメリカの姿が見え隠れしている。

 この10年の付けは 早晩 払わなくてはならないだろう。
 不毛の教育を作り出した付け、家庭の本来持つ力を喪失させた付け、貧富の格差を
 増大させた付け、マスコミの偏向報道を許すようになった付け、
 これらすべてがを自覚しなければ 日本の崩壊への道を用意されている。
 自公明政権と裏で糸を引くアメリカのなりふり構わぬ悪行の数々、偏向報道によって
 それを支えるマスコミ、真実を見極めようとしなければ、日本の未来はない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



タイ事情 | 21:51:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。