■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01
カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 1

カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 2

カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 3

カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 4

カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 5

カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 6

カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 7

カトマンズ 子供たちの素顔‐04 手伝い‐01 8

 カトマンズの庶民と呼ばれる家庭の子供は よく働く。
 貧しければ、貧しいほど家庭の中での子供たちの役割は大きい。
 カトマンズでの庶民と呼ばれる人たちの大半は 村から都会のカトマンズに仕事を
 求めてやって来て そのままカトマンズに住みついた人たちである。

 カトマンズの住宅事情は極めて悪いから、家族4人でも8畳ぐらいの広さの部屋を
 借りて 住んでいるのが普通である。
 部屋には台所もなければ トイレもない。
 トイレは共同で 朝などは 列を作って、自分の番を待つことになる。
 水道などなく、井戸水、地下水を利用するというのが普通で、乾期に井戸水、地下水が
 涸れてしまえば、水を求めて 近くにある共同の水場へと水を汲みにいくことになる。
 片道1キロというのもざらである。

 朝夕 親たちの水汲みを手伝うことも 子供たちの仕事である。
 小さな子供は水の番、少し、大きくなった子供たちは 自分の力にあった容器を
 提げて水を運ぶ。
 その様子を見ても 決して嫌がっている様子はない。
 家族の役に立っていることにきちんとした自覚を持っているようだ。

 ネパールの休日は土曜日であるが、土曜日には 親たちは共同の水場に集まって、
 1週間分の洗濯に大わらわである。
 そんな時、洗濯する親の傍らで 水を汲んで 親のところまで水を運ぶのは
 子供たちの仕事だ。

 カトマンズにやって来て、ぎりぎりの生活をしている親たちは 生活費を稼ぐことに
 忙しく、その姿を見ている子供たちは 少しでも親たちを助けたいという気持ちも
 強くなるだろう。
 12,3歳を過ぎれば、家族の洗濯を受け持つ子供たちもいる。
 姉妹でやって来て、1番上の姉を手伝っている姿もよく見かける。

 中流以上の家庭の子供たちといえば、学校を往復し、宿題を済ませ、仲間との遊びに
 明け暮れるだけの毎日である。
 親の生活も豊かだから、手伝いなどする必要もない。
 使用人を置いている家庭もあるから、家の中でこうした子供たちのする仕事はない。
 日本と同じ子供たちの姿である。

 こういう子供たちが ネパールという国を支配する人たちになるのだから、
 庶民の苦しみ、苦労など理解するはずもないのである。
 私立学校に通い、私立大学に通う。
 アルバイトをすることなど 皆無だ。
 小さいときから 仕事をすることに慣れていないから、身体を動かすことを嫌う、
 その反面、口だけはよく動かし、理屈ばかりが達者になる。
 そんな子供たちが大人になり、国を牛耳るようになっていることが 
 ネパールの不幸である。
 日本もどこか通じるところもあるだろう。

 私が目を向けたいと思うのは ぎりぎりのところで生活している庶民の子供たちである。
 生き生きとした表情にあふれ、活力のみなぎっている子供たちの姿は 魅力的である。
 こんな子供たちの姿を見つめているだけで 力を与えられるような気持ちになる。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 生き抜く人々 | 21:34:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。