■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐27
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐27 1
   ブータン   ブータンの帯 ケラ       1980年前後

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐27 2

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐27 3

 1980年前後に織られたブータンの帯 ケラである。
 紋様に使われている糸が インドからの工場生産の毛糸が使われていることから
 ブータン庶民が使ったケラのようだ。
 えんじ色でおられた紋様は ブータンの野蚕のシルク糸が使われている。
 ケラを織る時間があっても 上質の材料は手に入らない。
 野蚕のシルク糸なら自前だし、インドからの毛糸は安いということで 織り上げた
 ケラだろう。
 民衆の知恵である。
 我が娘のために 母親が織り上げたケラなの子もしれない。
 鮮やかな色のインドの毛糸で織られた紋様は 若い娘の締める帯であるなら、
 派手で目立つものだろう。
 本当なら この目立つ部分は インドからの高級品 生糸で織り込みたい
 ところだろうが お金がなければ、簡単には手に入らない。
 庶民が 生糸を使うことが禁止されていたのかもしれない。
 日本だって、江戸時代には 庶民の身につけるものといえば、木綿に決められて
 いたのだから。

 庶民が キラのノシェムやクシュタラを身につけることが許されるようになった
 時代に現れた庶民の生活の知恵が この時代のキラやケラには現れている。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





ブータン布の今昔 | 19:41:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。