■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 真夏に咲く花‐02
カトマンズ 真夏に咲く花‐02 1

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 2

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 3

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 4

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 5

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 6

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 7

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 8

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 9

カトマンズ 真夏に咲く花‐02 10

 ネパールの暦で 雨の月 アサールの月が1週間過ぎてしまったというのに、
 雨期入りの気配はない。
 今日も目覚め際に 窓の外を眺めると 空が灰色に曇っている。
 いよいよ、雨かと期待していると 午前10時になると 太陽が顔を出した。
 今日も暑い1日の始まりである。

 今日の計画停電は 午前中は 10時から正午まで、夜は8時から10時までの
 4時間である。
 計画停電時間は 午前10時から始まったので、いつものように散歩に出掛ける
 ことにした。

 ふらふらと歩いているうちに 急に思い立ち、バグマティ上流にあるパタンの
 旧市街のバグマティ川沿いにあるナラヤン寺院まで足を向けることに決めた。
 歩くと片道2キロ以上ある。

 バグマティ川に沿って 対岸に2年前に出来たスラムを眺めながら、歩きづらい
 砂利道を進んでいく。
 路上の片隅に目をやると 紫色の昼顔らしい花が咲いている。
 はっとするような鮮やかな紫だ。
 夏の暑い陽射しなど もろともしていない。

 砂利道から UNの援助によって造られた公園の中に入っていくと、今、カトマンズの
 どこでも咲き誇っている花が咲いているが その名前は知らない。
 薄い桃色系のものと濃い桃色系など 花の色は何種類かあるようだ。

 公園を抜けた民家の脇には 芙蓉の花なのだろうか、これも太陽を目指して
 咲き誇っている。

 陽射しはどんどん強くなり、歩くことも耐え難くなる。
 カトマンズ庶民たちの洗濯場になっている広場までやってくると
 女の子たちが 花を摘んでいる。
 近づいていくと これ又、名も知らぬ花が咲き誇っている。
 女の子たちに聞くと 首飾りを作る花だと言う。

 この広場まで2キロ以上の道のりを歩いてきた。
 再び同じ距離を帰っていくことになる。
 今度は 来た道とは反対のバグマティ川沿いの道を歩くが、日陰はなく、
 いささか頭は ぼーっとしてくる、喉は渇くで 歩くことさえ苦痛になってきた。

 やっとの思いで 家の近くまで帰ってくると、パン屋の屋根を覆うように
 ブーゲンビリヤの花が 圧倒するような赤で咲き誇っている。
 これは 大した見ものである。
 パン屋のパンの味以上に凄いぞ。
 いっぺんに疲れが吹き飛んでしまった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ バグマティ川の辺にて | 11:38:24 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
ひかるのさん

ご無沙汰してしまいました。御元気なご様子を拝見し嬉しく思います。

ところで、ここに掲載してある「カトマンズの花々」を小生のブログでご紹介したいのです。どうぞ転載のお許しを下さい。一番目と三番目と十番目の3枚をお願いいたします。
御元気でお暮らし下さい。
敬具、藤山杜人
2009-06-22 月 17:11:43 | URL | 藤山杜人 [編集]
藤山様

 どうぞお使いになってください。
 暑い毎日が続くカトマンズです。
 カトマンズ市民は 皆 水不足の真っ只中にあります。
 お互いに顔を合わせれば、いつ雨が降るのだろうというのが
 掛け言葉です。

 宍戸様から メールを頂きました。
 全く見知らぬ人だったので 驚きましたが、藤山様の
 ブログのお仲間だったのですね。


                           ひかるの
2009-06-22 月 17:58:54 | URL | ひかるの [編集]
ひかるの さん

おはようございます。

転載させて頂きました。文章も大変良いのでついでに付けました。
お許し下さい。
それから盲目の女と夫と子供の3人の話も、転載でなく、自分の文章で紹介したいと思います。もちろん、ひかるのさんの原典がご紹介いたします。宍戸さんをよろしくお願いいたします。

敬具、藤山杜人
2009-06-24 水 09:07:41 | URL | 藤山杜人 [編集]
藤山様

カトマンズにいる限り、心惹きつけられる出来事、話題に事欠かない
毎日です。

ネパールの人々が 人間の喜怒哀楽をそのまま出して
たくましく、又切なく、悲しく、生き抜いている姿を
見せてくれるからでしょう。


                      ひかるの
2009-06-24 水 10:56:53 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。