■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 雨が降るまであと何日?
カトマンズ 雨が降るまであと何日?

カトマンズ 雨が降るまであと何日? 2

カトマンズ 雨が降るまであと何日? 3

カトマンズ 雨が降るまであと何日? 4

カトマンズ 雨が降るまであと何日? 5

カトマンズ 雨が降るまであと何日? 6

カトマンズ 雨が降るまであと何日? 7

 ネパールの暦のアサールの月、雨期入りの始まる月も 今日で4日目に入ったが、
 雨の気配は どこにも感じられない。
 人々は 出会えば、「雨はどうなっているのだろう。いつ降るのだろう。」と言うのが
 挨拶になってしまったひどい水事情のカトマンズだ。

 バグマティ川の岸辺周辺に掘られた井戸の水も 底をつき始めている。
 政府から水道の水が供給されなくなって、もう2週間近くなる。
 私のところでも わずかばかりの地下水を汲み上げては、やっとのことでしのいでいる。

 間借りの生活をする人々にとっては 最悪の季節、地獄のような季節である。
 細々と湧き出るバグマティ川のそばの井戸水を争うようにして汲み上げ、洗濯をし、
 生活用水を朝夕運ぶことが 女たちの日課になっている。
 近くに井戸や水場があればいいが、近所の大半の井戸は涸れ、遠くの井戸まで行き、
 1キロ以上の道のりの中 水を運ぶのは当たり前の作業になっている。

 子供たちも親を手伝い、井戸から水を汲み上げるのは彼らの仕事になっている。
 暑さの残る夕方の陽射しを浴びながら、女たちが水を入れる容器を抱えては行き交う。

 過酷な夏の太陽は 美しい夕陽を描き出すが、今は カトマンズの人々に
 苦しみを与えるだけである。

 モンスーンは カルカッタあたりまでやってきているようだが、
 カトマンズ盆地を囲む山を越えて、雨雲を運んでくるには 1週間ぐらい待つ
 必要があるとニュースは伝える。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

カトマンズ 街の風景 | 01:03:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。