■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 至福の時が流れる
カトマンズ 至福の時が流れる 1

カトマンズ 至福の時が流れる 2

カトマンズ 至福の時が流れる 3

カトマンズ 至福の時が流れる 4

カトマンズ 至福の時が流れる 5

カトマンズ 至福の時が流れる 6

カトマンズ 至福の時が流れる 7

カトマンズ 至福の時が流れる 8

 夕暮れ近くなって トリプレソールにあるトリプレソール・マハデヴィ寺院の
 境内の中に久しぶりに入ってみた。
 暑い午後の陽射しは衰え、あたりを漂う空気の中にも涼しさが入り込み始めている。
 暑い午後を過ごした人々の表情にも ほっとした和やかな雰囲気に変わってきている。

 境内の中では 子供たち相手に遊びに興じている大人もいる。
 昔の日本にもこんな子供好きの大人がいたものだ。
 この寺の中に住んでいる女たちは 境内の片隅に座り込み、夕食の支度までの
 時間を ゆったりとした様子で過ごしている。
 なにやら、百年前のネパールの時間の流れの中に入り込んでしまったという
 錯覚すら憶えてしまう。
 人間にとって 大切な時間と空間が そこにあるといった感じなのだ。

 しばらく、この境内の中に佇み、そして、昔は表門であったのだろうが、
 今は裏門になってしまっている門から外に出ると、そこでも女たちが 
 昼間の暑さから開放され、これから始まる夕餉の仕度前の時間を過ごしている。
 カメラを向けても気にするわけもなく、それをごく当たり前のものとして
 受け入れてくれるのは 有り難いことだ。
 そんな女たちの姿を眺めながら、石段を下っていく。

 このあたり一帯にはラナ家の創始者 ランバハドール・ラナの建てたいくつかの
 寺院があり、その寺院の中や外には 小さな家屋が建てられ、そこにはカトマンズの
 外からやって来た貧しい人たちが住んでいる。
 申し訳程度の家賃で 10年、20年と住み着いている人たちだ。
 どこもかしこも ゆったりとした至福の時に包まれ、この世のあわただしさなど
 どこにあるのだろう。
 そんなことを感じさせてくれる夕暮れ時の寺院内外(うちそと)である。

 カトマンズを囲む西の山に沈み行く夕陽、そのオレンジ色に染まった赤いレンガ造りの
 古い家々と石畳、心の奥底まで染み入るような光景が あたりに広がっている。
 これが 本当のカトマンズだったのだ。
 こんな光景に憧れて異国の旅人は カトマンズに身を置き、心の安らぎを覚えたに
 違いない。

 ラーマ寺院の方から 1頭の牛が ゆっくりと歩を進めてくる。
 何か声をかけてやりたくなる。
 どこに帰っていくのだろう。
 牛の後ろには オレンジ色の夕陽を浴びた長い石畳が続いている。
 大人も子供も牛も犬も この至福の時間の流れに身を置いている。

 カトマンズでは こんな至福の時間と空間が 突然のように現れてくる。
 やはり この街は凄い、静けさというものが どこかに隠れていて、
 時間と空間の隙間から流れ出してくるのだ。

 心の中に沁みこんだ至福の時間と空間をぶら下げて 
 バグマティ川に架かるバグマティ橋を渡る。
 橋の上からバグマティ川を眺めると 水位の下がったバグマティ川を 
 子供たちが水の上の石段を 飛び跳ねるようにした 対岸へと渡っていった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ バグマティ川の辺にて | 11:07:33 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
素敵な写真
2009-06-18 木 16:18:51 | URL | スーパーコピー [編集]
Re: タイトルなし
ありがとうございます。
又、お越しください。
2009-06-18 木 17:19:41 | URL | ひかるの [編集]
こんばんは。
ゆったりとした時間が流れているのがよく分かります。
観光客の居ない、現地の人だけの空間がいいですね。
夕暮れの落ち着いた雰囲気が漂ってきます。
2009-06-18 木 21:35:12 | URL | machan [編集]
Re: タイトルなし
日中の暑さが耐え難いだけに 夕暮れ時の涼しい空気の流れは
人々に 安らぎを与えてくれます。
それだけで 穏やかな気持ちになれます。

普通の人たちばかりの場所で 煩わしい問いかけがないのも
心地よいものです。
2009-06-19 金 00:57:38 | URL | ひかるの [編集]
Shishido様

 貴方のメールアドレスを悪用されると不味いので
 貴方のコメントは 一旦 削除します。
 私のほうから メールを致します。
2009-06-22 月 01:37:29 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。