■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 子供たちの素顔‐02
カトマンズ 子供たちの素顔‐02 1

カトマンズ 子供たちの素顔‐02 2

カトマンズ 子供たちの素顔‐02 3

カトマンズ 子供たちの素顔‐02 4

カトマンズ 子供たちの素顔‐02 5

カトマンズ 子供たちの素顔‐02 6

カトマンズ 子供たちの素顔‐02 7

カトマンズ 子供たちの素顔‐02 8

 カトマンズの子供たちを見ていると、日本の子供たちと違って、
 自由を満喫しているような気がしてくる。
 大人の管理する場所から一旦離れると、何事も自分で判断しなくてはならない。
 それは 自由に生活していくためには 不可欠のものである。
 それはどこか危険も伴うものである。
 五感を研ぎ澄まし、状況を正しく判断できない子供は 嫌が負うにも危険な目に
 遭ってしまうこともあるだろう。
 そうした危険をかいくぐって成長することが大人になることだろう。

 だから、ネパールは子供たちにとっては 日本よりもはるかに厳しい場所である。
 貧しい家庭の子供ほど 早い時期からの自立を要求される。
 貧しい家庭の子供であれば 12歳になれば もう一人前だ。
 それは 昔の日本の丁稚奉公と同じようなものである。
 近頃は随分少なくなったが、私が初めて25年前にカトマンズに訪れた頃は
 小さな御茶屋や食堂で 甲斐甲斐しく働く12歳ぐらいの子供たちも良く見かけた。
 中には 煙草をふかす子供もいた。
 自分で仕事をして生活しているのだから、自分の勝手だろうといった具合である。

 通りを歩いていると 小学校高学年の子供が 自分の自転車を修理している。
 自分のことだからと 大人も手を出さない。
 子供の顔つきは 真剣そのものである。
 彼の父親は ガス台などを修理する修理屋である。

 向こうから二人連れの姉弟が跳ねるようにやって来る。
 手には 一杯衣類を提げている。
 これから川辺の水場へと洗濯に行くところらしい。
 後ろから 洗濯物を抱えた年上の姉がやって来た。

 水不足のカトマンズ、水を汲みに家族とともにやって来た幼い男の子、
 年は7歳だと言う。
 カメラを構えると もう喜んで 家族が呼ぼうと知らん顔でポーズを取っている。

 あまりの暑さに耐えかねて タマン族(もしかしたらマガール族)らしい子供が
 汚いバグマティ川で泳いでいる。
 こんな汚染された川で泳いでいれば、病気になってしまうのではと心配になった。
 「おーい、泳ぎ終わったら、きれいな水で 眼を洗って置けよ」
 と声をかけたが、わかってくれたかどうか。
 病気になるかもしれないとわかっていれば、泳ぎはしないだろう。
 周りの大人も気になどしていない。

 1年前からの知り合いの男の子がやって来た。
 坊主頭になっている。
 南ネパールのタライから家族とともにやってきているタルー族の少年である。
 話を訊くと おじいちゃんが亡くなったので 坊主頭にしたと言っている。
 ネパールでは 親族が亡くなると、坊主頭にする習慣がある。
 早速 塀に上り、それから 近くの桃の木に登って、桃の実を採り始めた。
 俺にも1つ採ってくれと頼むと まだ青い桃の実を投げて寄こした。

 この前、写真に撮った花の周りに ミツバチのように子供たちが群がっている。
 この花の名前は ランタナという名前だと ブログ仲間に教えてもらった。
 この花には 実がなるらしく、子供たちはそれを採っていたらしい。
 「美味しいの」と尋ねると 「うん」と恥ずかしそうに答える。
 私も実を採って 味見をしてみたら、少し甘かった。
 高いところにある熟れた実を採って与えると 「僕にも、僕にも」と
 子供たちが寄ってきた。

 自由に生活しているネパールの子供たちの姿を追ってみた。
 如何でしょう。
 日本の子供たちより 余程生き生きしている。
 少しばかりの豊かさを手に入れるために 自由と自立の精神を失っていいのか。
 そんなことを感じさせる子供たちの姿だった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ 生き抜く人々 | 06:27:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。