■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐10
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐10
  ブータン   ブータンの帯 ケラ       20世紀初頭 ~ 20世紀中期

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐10 2

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐10 3

 20世紀初頭から中期にかけて織り上げられたブータンの帯 ケラ、
 藍染めの青、ラックのえんじ、そして、ウコンの黄色とウコンと藍の染め合わせの
 緑の糸が 紋様の織り込みに使われている。
 特に 黄色と緑は ケラの紋様のアクセントとして使われている。
 藍染めで染められた糸は ブータンの手紡ぎの木綿糸、他の色の糸は ブータンの
 野蚕の手紡ぎ糸である。

 20世紀中期に近づくにつれて、黒、えんじ、青に加えて 天然染料で染めた黄色、
 緑が使われるようになってくる。
 これは ブータンの正装のキラ クシュタラの紋様でも 同じような色使いが見られる
 ようになってくる。
 
 このケラの紋様も 織り手独特の複雑な紋様が織り込まれ、その紋様のパターンも
 多用しており、織り手の工夫が感じられる。
 もうこんな美しいケラを ブータンの国で見つけることは不可能である。
 こうした幅広のケラを ブータンでは使われなくなって30年近くなる。
 今ではケラは カード織りで織られるようになっている。

 両面縫い取り織りで織られたケラは 今では使うためのものではなく、観光客への
 お土産品として織られているだけである。
 こうした帯 ケラを締めているブータン女性を今では見ることは出来ない。
 時代の流行は こんな素晴らしい帯を消滅させていくのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータン布の今昔 | 02:42:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。