■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 川辺の市場の夏野菜
カトマンズ 川辺の市場の夏野菜 1

カトマンズ 川辺の市場の夏野菜 2

カトマンズ 川辺の市場の夏野菜 3

カトマンズ 川辺の市場の夏野菜 4

カトマンズ 川辺の市場の夏野菜 5

カトマンズ 川辺の市場の夏野菜 6

 カトマンズとパタンを結ぶバグマティ橋のすぐ横の河川敷には このあたりに住む
 庶民たちのための野菜・肉市場がある。
 雨期前の酷暑の中で 昼間には 閑散としていた市場も 夕方近くなると 活気に
 あふれてくる。
 昼間は 自転車に野菜を積み、町中を行商していたインド系の顔つきをした
 野菜売りたちも 皆この市場に集まってきて野菜を売り始める。
 自転車を使って 野菜を日長一日売り歩くこのインド系の顔つきの人たちは
 皆 南ネパールのタライ地方のネパール・インド国境周辺からやって来た人たちである。
 インド国籍の人もいれば、ネパール国籍の人たちもいる。

 カトマンズに住むネパール人は この市場の中でも バラック建てではあるが、
 一応 店を構えている。
 町中を歩き回って商売をするのがインド系の人たち、店の中に座って 客を待ちながら
 商売をするのがネパール人である。
 ネパール人の八百屋の店主に言わせれば、インド人のように自転車に野菜を積んで
 売り歩くことなど 恥ずかしくて出来ないと言う。
 カトマンズに出稼ぎにやって来て、田舎への仕送りをしなくてはならないインド系の
 人たちの商いは 真剣であり、重労働である。
 自転車に積んだ野菜を売り切れば、再び カリマティにある卸売りの野菜市場へ行って
 野菜を仕入れてくる。

 夕暮れが近づき、庶民たちが 夕げのため野菜を買いにやってくると 
 市場は 活気付き始める。
 昔は 買い物は ヒンズー教徒の男たちの役目だった。
 女たちは 男たちの帰りを待ち、男たちの買ってくるものを調理するだけだった。
 この頃は ヒンズー教徒の女たちも 外に買い物に出掛けることが普通になったが、
 ヒンズー教徒の男たちの姿も多く見かけるのは 昔ながらの習慣が残っているからだ。
 高カーストのバウン族、チェットリ族の男には そうした傾向が強い。
 女にお金を渡すことで 経済的な力を与えることを避けるためだろう。
 インドでも地方都市に行けば、その傾向が強い。

 市場には 様々の野菜が並んでいるが 大半はカトマンズ盆地の外からやってきた
 野菜である。
 旬の野菜は カトマンズ盆地の中で採れるが この猛暑の気候の中、いい野菜はない。
 他の野菜は 南ネパールのタライ平原やインドからのもので、亜熱帯の気候の中で
 生育する野菜なので 1年中 市場に出回っていて 季節感はない。
 今 季節の野菜といえば、ナス、かぼちゃの新芽、青首大根、インゲンぐらいが
 私の食欲をそそるものだ。

 ここに来て カトマンズでも野菜を含め、肉・食料品の値上がりが凄い。
 4ヶ月間には1個6ルピーの卵が 8ルピー、鶏肉は190ルピーから260ルピー
 庶民の肉だった水牛肉は140ルピーから200ルピー、食卓には欠かせないタルカリの
 食材のジャガイモなど 2.5キロで30ルピーだったものが70ルピーを超えて
 しまった。

 政府は権力争いばかりに目を奪われ、庶民を苦しめる物価高のことには目を
 向けようとしない。
 収入が同じで 物の値段ばかり上がれば、庶民の生活は 逼迫してくる。
 そんな家計の危機の中で 野菜を選ぶ庶民の眼にも 真剣さが感じられる。
 私もそろそろ自炊を始め、この市場の世話にならなければならないが、
 まだそんな気持ちの余裕は出てこない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ バグマティ川の辺にて | 19:34:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。