■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 子供たちの素顔‐01
カトマンズ 子供たちの素顔‐01 1

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 2

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 3

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 4

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 5

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 6

カトマンズ 子供たちの素顔‐01 7

 東京、バンコク、カトマンズと移動してくるに従って、見かける子供の数が
 多くなってくる。
 
 東京もバンコクも少子化に拍車がかかり、遊んでいる子供を見かけることも少ないし、
 少し、動物的な逞しさを持った生き生きした子供の姿はない。

 このカトマンズにやってくると 子供の姿の多様性、生命力の強さには驚いてしまう。
 子供たちは 学校へ行けば、ある程度管理されるが、一旦、家に帰ってくると、
 大人の管理を離れて動き回っている。
 親たちも 子供をしっかり見ている暇などないから、すべて子供任せである。

 人間としての逞しさ、自主性というものは どこか、人間の中の動物的な部分が
 必要である。
 大人にすっかり管理された子供たちは 動物的な部分を失い、生き生きとした表情を
 失い、活力がなくなってくる。
 世界を自分の力で開拓して行こうという前向きな姿勢が見られなくなってしまうようだ。

 その点、カトマンズの子供たちは違うようだ。
 しっかりした子供だけの世界を持ち、その中で生活力を身につけていく。
 笑い、怒り、喜び、悲しみを 豊かな表情で表す。
 能面のような東京の子供とは違うし、とにかく、子供であっても 一人前の人間の
 様な気がする。

 自分の日々の生活費を稼ぎ出すために 朝から廃品集めに精を出すインド系の子供たち、
 怪我など気にすることもなく 裸足で動き回る子供たち、
 親の代わりに路上に座り込んで、野菜を売る子供たち、
 放課後には 親の目の届かないところへ逃げ出し、遊びに夢中になる子供たち、
 皆 子供だけの世界を持っている。
 そして、自分の中に潜んでいる野生を 思う存分発揮している。

 日本のように大人に管理される学校から帰れば、スポーツクラブだの塾だのと 
 再び大人に管理される場所へと身を移す。
 自分を仲間とともに 自由に見つめ合う空間も時間も失っている。
 管理されることに慣れた子供は 大人になっても管理された世界に居心地の良さを
 感じるようになる。
 自分の世界を広げていくための 自立性、自主性、判断力、思考力など育つはずもない。
 支配者にとって こんな風に育った大人を支配していくことは 簡単なことだ。
 そんな大人たちが 日本の国の大半を占め始めている。
 支配者にとっての 戦後日本の教育の成果が 今完成しようとしていることがわかる。
 それは 奴隷へとつながる道である。

 教育予算のないネパールでは 国家による教育統制まで手が届かないから、
 救いがある。
 教育至上主義を信じる馬鹿な日本人が ネパールまでやって来て 他国の教育に
 手を出そうとしている。
 他国の教育よりも 自分の足元をしっかり見つめたほうがいい。
 日本の教育の中で 子供たちがどうなっているのか 見つめようとしないで
 自己満足の奉仕精神のために 他国の教育に手を出すのは 傲慢である。
 教育の素人が 他国の状況も理解できずに 教育に手を出すのは 僭越である。
 もし、ネパールの子供たちに関心があるなら、組織などを通さず、1対1の
 かかわりの中で 子供の姿をしっかり見つめながら、何が必要かと 丁寧に
 係わっていくことが最良の方法である。

 簡単に済ませることの出来る教育など どこにもない。
 お金を出せば、それで済むというものではないのだ。
 深い愛のない援助など、子供たちの人間性を育てることは出来ない。
 ネパールでは 子供たちが 自分を育てる機会は 日本よりはるかに多い。
 ネパールの子供たちの方が 日本の子供より 余程生きる力を持っている。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 生き抜く人々 | 00:44:56 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
はじめまして
あし@からお邪魔しました。
ワタシもアジア大好きなので
興味深く読ませていただきました。
ひかるのさんほどの経験はないですが
特に惹かれるのはインド!
カトマンズは行ったことがありません…。
写真も素晴らしいですね。
アジアの子供たちからは色んな意味ですごい
生命力を感じます。
2009-06-13 土 18:02:44 | URL | 林田りんだ [編集]
大人の管理が行き届いていない分だけ、
自主自立の精神にあふれています。
それでいて 粗野でないところが いいですよ。

アジアの子供たちは 人懐こいですよ。
インドの子供たちは かなり自己主張が強いですよ。
大人が凄いですから。
2009-06-13 土 18:12:53 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。