■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バグマティ川沿いの岸辺散策‐02 シバ寺院の周りで
カトマンズ バグマティ川沿いの岸辺散策‐02 シバ寺院の周りで 1

カトマンズ バグマティ川沿いの岸辺散策‐02 シバ寺院の周りで 2

カトマンズ バグマティ川沿いの岸辺散策‐02 シバ寺院の周りで 3

カトマンズ バグマティ川沿いの岸辺散策‐02 シバ寺院の周りで 4

カトマンズ バグマティ川沿いの岸辺散策‐02 シバ寺院の周りで 5

カトマンズ バグマティ川沿いの岸辺散策‐02 シバ寺院の周りで 6

 バグマティ川のパタン側の河川敷を離れ、バグマティ川にかかる黒い鉄製のつり橋を
 渡って、バグマティ川の対岸のカトマンズ側へと移動する。

 橋を渡り終えたすぐ横に 岸辺へと下りるためのレンガ造りの階段がある。
 その階段を左に曲がり、川の上流方向に向かうと 2百年以上前にサハ家によって
 建てられた古いシバ寺院がある。
 その寺院の中に造られた小部屋には 何組かの貧しい家族が住んでいる。

 タマン族の女の子 スジータもその中の一人である。
 祖母と叔父らしい若者と彼女の3人で小部屋に住んでいるらしく、彼女の両親の姿を
 見かけたことはない。
 確か小学4年生になっているはずだが、今日はどういうわけか、学校に行く支度を
 していない。
 「どうして 今日は学校へ行かないの」と尋ねても はっきりした答えは返ってこない。
 彼女の部屋の隣には ネワール族の家族も住んでおり、母親は6ヶ月前に若い男と
 失踪してしまい、ビックラムという名の11歳の男の子を頭に その妹3人と父親の
 5人家族である。

 ここに住んでいる別の家族に子供たちのことを尋ねてみると、11歳のビックラムは
 その辺に遊びに行き、幼い妹たちは学校に行っていると言う。
 「母親は戻ってきていないのか」と尋ねると 
 「失踪したままで、帰ってこないだろう。居ても酒を飲み、若い男と遊ぶだけだから、
 居ない方が子供にとっていい。父親も母親がいることで 子供に関心を向けることは無かったが、
 今は 関心を持つようになっている。
 小さな子供たちも学校へ行っているし…」と話してくれるが、半信半疑である。
 母親失踪後の4ヶ月前の薄汚れた子供たちの姿を見ていると、
 それが事実のようには思われない。

 シバ寺院を後にして 川の上流に向かって歩き始めると、前方に12歳ぐらいの
 少年が廃品をいれたズタ袋を背に背負って歩いている。
 南ネパールのタライかその向こうのインドからやって来ている少年である。
 ネパールの国籍が無ければ、このカトマンズでは 教育の機会はない。
 家族と一緒に生活しているのだろうが、日々の生活費は 自分の手で稼ぎ出す必要が
 ある。
 こんな風にして 貧しい子供たちは 世の中のことを自分の目と身体で知り、
 たくましく成長していくのである。
 日本の戦後のどさくさの時期がそうであったように。
 向こうから同じ廃品集めをしている少年たちの集団がやってくる。

 後ろからは 近くの公立学校へ通う子供たちが、夏の暑い陽射しを避けるために
 黒いこうもり傘をさしながら、寄り添うようにやってくる。
 この少女たちも決して豊かな家庭の子供たちではない。
 このカトマンズでは お金に余裕があれば、皆 私立学校に行く。
 親さえ、我が子の教育に関心があれば、どうにか小中学校程度までなら、
 我が子を学校に通わすことは出来る。
 公立であっても お金が不要というのでなく、私立より安いというだけである。
 お金に余裕が無ければ、公立さえ通わすことは難しい。

 大人の現実は すぐさま子供に跳ね返ってくる。
 どんな矛盾に満ちた世界の中でも 人は生きていかなくてはならない。
 ネパールは 矛盾に打ち勝つ強さを持った人間だけが 生きていくことが出来る
 厳しい世界なのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





カトマンズ バグマティ川の辺にて | 10:48:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。