■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐04
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐04 1
 ブータン    ブータンの帯  ケラ                   19世紀後期

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐04 2

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐04 3

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐04 4

 19世紀後期から20世紀初頭頃に織られたブータンの帯 ケラである。
 逸品というなら、このケラこそ その名に値する。
 白地部分には ブータンの手紡ぎ木綿が使われ、両面縫い取り織りの技法を使って
 織られた紋様には ブータンの手紡ぎ木綿糸を藍で染めた濃紺、ブータンの野蚕の
 手紡ぎのシルク糸をラックカイガラムシの染料で染めたえんじが使われている。

 何より増して 織りこまれた紋様が素晴らしい。
 この時代独特の紋様で この紋様を記憶している織り手は 今のブータンには
 いないだろう。
 一人の人間が デザイン図など持たず、頭の中にある数多くの紋様のパターンを
 織り出していくのである。
 神業に近い技量である。
 いい織物を織り上げたいという気持ちがなければ、こんなケラを織ることなどできない。
 織物に命を捧げているとしか思われない。
 このケラ一枚を見ただけでも ブータンの織物には圧倒されてしまう。

 本当に凄いでしょうと 他の人に話しかけたくなってしまう。
 そうではありませんか、皆さん。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 02:09:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。