■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐01
ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐01 1
  ブータン   ブータンの帯 ケラ      19世紀後期 ~ 20世紀初頭

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐01 2

ブータン布の今昔 ブータンの帯 ケラ‐01 3

 ブータンの女性用民族衣装 キラを身に纏う時には 日本の着物のための帯の役割を
 果たすケラと呼ばれる帯が必要となる。
 幅40センチ、長さ 2メートルの帯を 三つ折にして、腰の周りに巻きつける。

 このケラは19世紀後半から20世紀初頭に織られたものだ。
 両面縫い取り織りと呼ばれ、縦糸に 紋様を縫いこむように織り上げていく。
 この時代は 地の白い部分は ブータンの手紡ぎの木綿糸が使われ、紋様を織り込む
 ためのえんじ色の糸は ブータンの野蚕の手紡ぎのシルク糸を ラックカイガラムシで
 染めたものである。
 黒い糸は ブータンの手紡ぎ木綿糸である。
 この黒は 色を重ね合わせることで 作り出した黒だろう。

 この時代の織り込む紋様の種類は 多く織り手の技量が充分に伺われる。
 この堂々とした帯 ケラの存在感はどうだろう。
 強い表現力を持っているとは思えないだろうか。
 この時代の人間の持つ生活力のたくましさが 感じ取れないだろうか。
 余計なことを考えず、ただひたすら 織物に向かう姿勢が感じ取れないだろうか。
 小手先だけの器用な表現など考えず、真っ直ぐな気持ちで このケラを織り上げて
 いないだろうか。
 織るということが 生きる表現になっている。
 一つのことに向かう強さは 今の現代人にはないものなのかもしれない。
 小手先だけの器用さだけで 織物に向かっても 人の心を打つ織物は生まれてこない。
 百年経っても 尚且つ 人の心を奪うものが このケラにはある。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータン布の今昔 | 02:07:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。