■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐03
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐03 1
  ブータン    野蚕シルクのキラ  メンシィ・マタ    20世紀中期以前

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐03 2

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐03 3

 ブータンの野蚕のシルクで織られたキラの中で 赤を基調としたメンシィ・マタという
 名前のキラがある。
 このキラがそうである。
 この赤の色合いを見ると、ラックカイガラムシの染料で染められた赤というより、
 茜の赤のような気もする。
 この野蚕のシルクのキラは 見たところ、20世紀中期以前のもののような気がする。
 あまり派手な色は用いず、落ち着いた色調になっている。
 経糸に使われている糸も すべて野蚕シルクの糸ではなく、黒と灰色部分には木綿の
 糸が使われている。
 木綿のキラから 野蚕のキラ メンシィ・マタが生まれてくる過度期のものなのかも
 しれない。
 不思議な雰囲気を持つキラである。

 この赤を地にし、紋織りの紋様を黄色の糸で織り上げたメンシィ・マタは 
 王族や上流階級の間でも好まれ、レーヨン、野蚕シルク、生糸と
 使われる糸の素材は様々である。
 特に生糸で織られたものなどは 紋織りの紋様の織り込みだけでなく、
 片面縫い取り織りの技法を使った豪華なものもある。
 実際、メンシィ・マタという赤と黄色を基調にしたキラは 
 もともとが 王族・上流階級のキラだったのかもしれない。
 まずはこの素朴なメンシィ・マタのキラを手始めに 
 その後に続くメンシィ・マタのキラを紹介していこう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 02:37:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。