■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 1
  ブータン     野蚕シルクのキラ             20世紀中期

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 2

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 3

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 4

 前回紹介した野蚕シルクのキラと同じ時代 20世紀中期頃に織られたものである。
 キラを身につける際、コマと呼ばれる二つのピンで 両肩あたり キラを固定する。
 そのため、そのキラの部分が傷みやすい。
 以下に丈夫な野蚕シルクの布でも 何年も着ているうちに 穴が開いてくる。
 このキラに空いた穴もそのためだろう。

 このキラも 赤を貴重にした野蚕シルクのキラである。
 少し、細めの紋様入りの縦縞は なかなか洒落ている。
 20世紀中ごろのキラであるから、手紡ぎの野蚕のシルク糸は 天然染料で
 染められている。
 何年も着ていたせいか、野蚕シルクのこのキラも 随分薄くなっている。
 洗うたびに すれて、布が薄くなっていったのだろう。
 ドライクリーニングがあるわけでもなく、木綿もシルクも 洗濯の時には
 同じ扱いだったに違いない。

 キラがそんな状態になっても キラの色は 織り上げたときの鮮やかさを残している。
 この赤はきっとカイガラムシから取り出した染料 ラックで染められているのだろう。
 この染料ラックは ラオスの山岳民族 タイ・デーン族など少数民族の間でも
 赤色の染めのために使われている。

 又、ラックカイガラムシの樹脂様の成分を利用して、蝋を取り出し、利用もしている。
 それはシェラックとも呼ばれ、インドでは 布で包んだ郵便貨物の何箇所かに 熱で
 溶かした赤い蝋をなすりつけ、その上に判のようなものを押し、勝手に開くと 
 すぐわかるようにしている。
 しかし、郵便貨物そのものがなくなってしまうことの多いインドでは、
 それほど効果的ではないだろう。
 いわゆる気休めである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




ネパールの布 | 22:01:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。