■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐01
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐01 1
  ブータン   野蚕シルクのキラ          20世紀中期

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐01 2

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐01 3

 ブータンの野蚕のシルクのキラの中には 赤を基調にしたキラが多い。
 ブータン女性は どうも赤を好むようだ。

 このキラも 赤を中心とした縦縞に 紋様を織り込んだものである。
 織られたのは20世紀中期ごろのように思われるが、もしかしたら 
 もう少し古いものかもしれない。
 かなり着込まれたものらしく キラの両端はかなりひどい状態になっているが、
 天然染料で染められた野蚕のシルクの色は 織り上げた当初と同じ色合いを
 保っているというのは 凄いことである。
 ブータンでは 赤は 茜かカイガラムシから取り出した染料ラックによって
 染められる。
 青は藍染め、黄色はウコン、黄緑は 青染めとウコンのかけ合わせで染めるようだ。

 紋織りで織り込まれた紋様も見事である。そして 紋様の形にも変化をつけ、
 違った紋様が織り込まれている。
 こんな丁寧に可憐に織り込まれたキラを見ると、ほっとする。
 さすがブータンだという気がしてくるのである。

 現在 織られているキラは 化学染料が使われ、紋様の織り込みも雑になり、
 紋様の形も1種類のパターンが使われることが多い。
 現在のブータンの織物は お金のためにノルマのように織られているが、
 このキラが織られた時代には お金にも時間にもとらわれることなく、
 楽しんで 織物に向かっていたことが 布から窺われる。
 不便な時代ではあったにしても のんびりと自分の生活を楽しむことの出来た
 時代だったに違いない。

 それにしても見事な赤である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 02:24:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。