■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコクから クリスティ『バクダッドの秘密』とあるブログ
バンコクから クリスティ『バクダッドの秘密』とあるブログ

 私は昔から アガサ・クリスティのファンで よく彼女の作品を読む。
 ジェーン・マープルやポアロが活躍する作品が多いが、この『バクダッドの秘密』は
 ミステリーというより冒険小説のようなものである。
 ある一人の平凡な女性が 世界制覇を目論む組織の陰謀に巻き込まれ、持ち前の
 行動力と機転を働かせて、邪悪な陰謀を暴露する手助けをするといった内容のもの
 だった。
 なんとも荒唐無稽な物語だなと思い、小説の中だけのことかと思っていたら、
 豚インフルエンザのことを調べているときに こんなブログに出会ってしまった。
 それは 『オルタナティブ通信』というブログだった。
 そのあまりに強烈的な記事の内容に 「事実は小説より奇なり」をまさに地で行く
 もので 驚きを覚えるものだった。

 6月1日付のオルタナティブ通信のブログ記事を紹介すると以下のものである

        *** 当初から人類絶滅のために開発された核兵器 ***


  「豚インフルエンザ=生物兵器の源流・・・IAEA国際原子力機関の正体」、
  http://alternativereport1.seesaa.net/article/120488296.html

  「オバマ大統領を育て上げた『豚インフルエンザ人脈・金脈』」、
  http://alternativereport1.seesaa.net/article/119920405.html

  「豚インフルエンザの源流?」、
  http://alternativereport1.seesaa.net/article/119002528.html

  「豚インフルエンザ…米軍による、市民に対するウィルス兵器の強制的人体実験の歴史」、
  http://alternativereport1.seesaa.net/article/120286342.html

  「米軍が、豚インフルエンザは、自分達が、バラ撒いた、と自白?」、
  http://alternativereport1.seesaa.net/article/120171849.html

  「米軍は航空機を使い、市民の生活地域に日常的にウィルス兵器を散布している=
  ケムトレイル」、
  http://alternativereport1.seesaa.net/article/120231134.html

  「豚インフルエンザ・・・米軍が繰り返す市民に対する、ウィルス兵器の強制的人体実験」、
  より続く。
  http://alternativereport1.seesaa.net/article/120340661.html


 ブッシュ一族の運営するニューヨーク・ロングアイランドのハリマン優生学研究所では、
 有色人種は劣った人種であり絶滅されるべきである、という考えの下、レトロ・ウィルスを
 複数収集し、長年、生物兵器の研究・蓄積を行って来た。資金はロックフェラー財団からも
 提供されてきた。

 この研究の中からエイズ・ウィルスは発見され、米軍のメリーランド州フォートデトリック陸軍
 細菌兵器研究所に持ち込まれ、生物兵器として完成される。

 1932年、ハリマン研究所では第3回国際優生学会が開催され、「劣った有色人種を
 絶滅させるために、有色人種を密閉された部屋に閉じ込め、マスタード・ガス等の毒ガスを
 注入し、殺害する方法が考案・提唱された」。

 この学会では、有色人種を「バイキン」と命名し、「毒ガス室で有色人種を殺害する事を」
 バイキンを殺菌消毒すると呼び、毒ガス室での有色人種の虐殺を「優生殺菌消毒法」
 と命名した。

 この第3回国際優生学会では、ドイツのカイザー・ウィルヘルム研究所のエルンスト
 ・ルーディンが国際優生学会の学会長に任命された。

 ルーディンはドイツに帰国すると、アドルフ・ヒトラーに対し、ハリマン研究所での研究成果を
 報告し、「ユダヤ人を毒ガス室で大量虐殺する事を提言」。ルーディンはヒトラーにより、
 人種「衛生」学局長に任命され、アウシュビッツでのユダヤ人大量虐殺の「現場指揮官」となる。
 この人種「衛生」学局長の「衛生」とは、ユダヤ人を「バイキン」と見なし、ユダヤ人を大量虐殺
 する事を「殺菌消毒する=衛生」という意味である。

 ルーディンのカイザー・ウィルヘルム研究所は、事実上、ハリマン研究所のドイツ支部であり、
 「貧困層と有色人種絶滅のための研究費用として」ブッシュ一族、ロックフェラー一族から
 多額の資金援助が与えられた。

 1938年、この資金援助により、ベルリンのカイザー・ウィルヘルム研究所の研究員オットー
 ・ハーンとリーゼ・マイトナーは、人類史上、初めてウランの核分裂実験に成功した。

 この実験の成功で初めて「人類は核兵器を手に入れた」。

 カイザー・ウィルヘルム研究所の「本部」である米国政府は、その実験成功のデータを
 カイザー・ウィルヘルム研究所から入手すると、ロバート・オッペンハイマー等の物理学者を
 結集させ、日本の広島・長崎に投下する核兵器の製造に着手する。

 核兵器は、物理学者の「純粋な研究心」から発見された核分裂を応用したものではなく、
 研究・開発の当初から、有色人種と貧困層、つまり富裕層以外の圧倒的多数の人類の
 大虐殺、極言すれば人類絶滅の目的で、アウシュビッツの毒ガス室の考案者達の手によって
 開発されていた。  ―


 このような内容のものだった。
 眼を疑うような記事ばかりである。
 これは真実であろうか、これらの情報を発信するブログ管理者の意図は何だろうと
 考え込んでしまった。
 管理人のプロフィルもないし、コメントも受け付けていないから、判断のしようがない。

 大国アメリカを支配し、そのアメリカの力を利用して 世界制覇を図ろうとしている
 闇の組織があることは確かなことのようだ。

 アメリカの歴史を見れば、アメリカインディアン迫害、黒人奴隷制度と多くの汚点が
 ある。
 ベトナム戦争とその周辺の東南アジアの国々に対する干渉、イラク、アフガン戦争と
 アメリカの係わっていない紛争はないといってよい。
 民主主義を謡いながら、実はアメリカ至上主義を押し付けているのも本当だ。

 民衆主義を謡いながら、その裏側で 石油の利権、武器・兵器の販売の拡大を
 ねらっているのもわかる。

 ほとんどのアメリカ人は それに気がつかないまま、一部 支配者層の意のままに
 操られていることも確かだろう。
 平等、公平を謡いながら、貧富の格差が拡がりながらも 富裕層・支配層に反省の姿は
 見られない。
 この富裕層・支配層というのは アメリカの建国以来、アメリカを牛耳ってきた人間と
 ユダヤ商人であることも確かである。
 アメリカは移民によって、巨大化した国であるが、今のアメリカでは こうした移民を
 受け入れることで 新しい奴隷制度を作り出したといっても過言ではない。
 その移民は アジア人や南アメリカ、アフリカなどの有色民族が多いことも確かである。

 そんな風に考えると オルタナティブ通信で発信されている記事もあながち嘘である
 とは思えなくなってくる。
 アガサ・クリスティの小説よりも はるかに現実性を帯びていて、恐怖を感じさせる。
 世界は とんでもない領域まで踏み込んだのだろうか。
 嘘であるか本当であるかの判断は あなたに任せる。
 平和ボケしている島国の日本人が 目を覚ますには 格好のブログ記事かもしれない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 14:00:10 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
名前を隠しているのは、当局から追われて逃げているため。

自分の命と引き換えに真実を流している。

コメントは、以前は付けるようになっていたけれど、当局が無意味なコメントを大量につけ、真剣な読者のコメントが埋もれてしまうようになったため、付けられなくなってしまった。
2009-06-03 水 15:00:20 | URL | オルタナティブ通信・シンパ [編集]
コメント ご丁寧に ありがとうございます。
あのような衝撃的内容を流していて 当局は黙っているのかと
考えていました。納得しました。

日本の外にいて 日本を外から眺めることが多く、貴重な情報に
なります。

多くの人がオルタナティブ通信を 読んでくれることを願っています。

                             ひかるの
2009-06-03 水 15:18:12 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。