■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 不況の中の昼飯時
バンコク 不況の中の昼飯時 1

バンコク 不況の中の昼飯時 2

バンコク 不況の中の昼飯時 3

バンコク 不況の中の昼飯時 4

バンコク 不況の中の昼飯時 5

 朝昼兼の昼飯時には ソイ カセムサン2の通りに並ぶ屋台へ行く。
 東北タイのタイ・カンボジア国境近くにあるブリラムという小さな町からやってきて
 いる麺類を売っている行きつけの屋台で バーミー・ヘーン(汁なしラーメン)を
 飽きもせず、いつも通りに注文する。
 時間が 昼の12時近くとなれば、この通り周辺で働いている人たちで 
 屋台は一杯になる。
 出来るだけその時間を避けて、その後先に行くことにしているが、
 今日はその混雑時にきてしまった。
 すぐそばに 日産や本田の営業所があるので、昼飯時には その会社の社員で
 一杯になる。
 大半の人たちは 月給1万バーツ(約3万円)前後程度で やりくりしている人たちで
 ある。
 昼飯1食分の費用は 大体30バーツぐらいのようだ。
 大盛りの麺類が30バーツ、2種類の惣菜をのせたぶっ掛けご飯も30バーツ、
 その先にある東北タイ料理の屋台でも 何人かでおかずを注文し、一人当たり
 30バーツというのが標準である。
 世界金融不況の影響を受けているせいか、そのことが気になり、みんな贅沢は避けて
 いるようだ。
 景気のいいときは 4,50バーツを昼飯代にかけていた人も見かけていたが、
 みんな 我慢して、30バーツぐらいに抑えている。
 決して 腹いっぱいになる量ではない。

 どこに行っても 品物は値上がり、肉も魚も卵も野菜も 2割ぐらいは高くなっている。
 それでも 低所得者層を相手にする屋台では 値上げも儘ならない。
 お互いに生活の苦しさを知っているからだ。

 以前だったら、夕方からの商いの酒と料理を出す店も 
 この不況で客足が少なくなっているようだ。
 ウィスキーもビールも値上げ、タバコも大幅な値上げ、庶民のささやかな楽しみも
 縮小気味である。
 それでも2割の金持ちたちの行くような店は 相変わらずの盛況のようだ。
 この世の春を謳っていた月収2,3万バーツ前後の収入があった層には、
 かげりが見えてきている。

 近くのMBKセンターの中の東急デパートや催し場を覗くと、
 在庫一掃処分のためかバーゲンセールが目立つ。
 私もそろそろ限界に近づいてきたサンダルなどを バーゲンを利用して買い換えた。
 大バーゲンセールをしているようだが、見るタイ人はいても 買うタイ人は少ない。
 買っているのは インドやアラブの国の旅行者ばかりである。

 先日、久しぶりにセンセーブ運河の向こう側にある市場の近くの牛肉面の店で、
 牛肉麺を食べた。
 いつのまにか特別製の牛肉ラーメンが 35バーツから40バーツになっていた。
 屋台の麺はまだ値上げをしていないが、店の麺類は値上げをしている。
 屋台も 普通の麺が30バーツになる日も近いようだ。
 20年前は 麺類は10バーツ、当時の両替レートで計算すれば、約50円、
 30バーツになれば ラーメン一杯が百円近くなる。
 タイ人も大変だが、収入の少ない私にとっても 人ごとではない。
 一人暮らしだからいいようなもの、家族で暮らしているタイ人であれば、
 もっと大変だろう。

 何もかもが値上がりし、その上 失業者も増えているということになれば、
 バンコクの治安にも影響してくる。日本だって同じだろう。
 自分には関係ないと思っているうちに 犯罪に巻き込まれてしまうことだってある。
 この頃は道を歩いていても 前よりも注意深くあたりを見ながら、歩くようにしている。
 自衛以外に方法はないのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク ある風景 | 12:20:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。