■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ルンセルマ‐01
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ルンセルマ‐01 1
  ブータン   野蚕の手紡ぎシルクのキラ ルンセルマ       20世紀中期

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ルンセルマ‐01 2

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ルンセルマ‐01 3

 20世紀中期頃に織られた野蚕の手紡ぎのキラ ルンセルマである。
 この野蚕シルクのキラ ルンセルマを見た途端に 息が止まってしまう。
 天然染料で染められたその色合いの素晴らしさには ほとほと溜め息が出る。
 月日の流れと共に 余分な色が取れ、風合いが増し、色合いの美しさに酔って
 しまいそうだ。

 このキラ ルンセルマの色合いは 全く 私好みである。
 ハレの衣装 クシュタラやノシェムも美しいが、私をひきつけるものは 
 キラの中でもこんな色合い、紋様の野蚕シルクのキラ ルンセルマである。
 言うことなし、完璧である。
 野蚕のシルクのキラ ルンセルマを見るとき、一番ブータンという国のイメージが
 膨らんでくる。
 緑に覆われた山国 ブータンをしっかり感じさせてくれる。

 こんな素晴らしい野蚕シルクのキラ ルンセルマを探し出そうにも もう探し出す
 ことは出来ないだろう。
 誤魔化しのない天然染料で染められた糸で織られた織物、素朴な色合い、しっかりと
 した紋織り、これを見て 何を感じるだろう。
 そんなことを思っているのは 私だけなのだろうか。

 こんな美しいブータンの織物を日本中の人たちに見せたいと思うが
 きちんとした機会と場所がないのは 返す 返すも残念である。

 日本が失った美しい世界が この1枚のキラの中に凝縮されている。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 00:30:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。