■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐15b
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐15b 1
   ブータン   毛糸を使ったキラ               1970年代

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐15b 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐15b 3

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐15b 4

 前回 紹介したキラは アクリル毛糸を使って、片面縫い取り織りの技法を使って
 紋様を織り込んだキラだったが、今回は 前回のキラより 少し前の1970年代の
 キラを紹介しよう。

 このキラも 地はインドからの工場生産の木綿糸、片面縫い取り織りの技法を使って
 織り込まれている紋様には 工場生産の羊毛と銀糸は使われている。
 このキラも普段着としてのものではなく ハレの日に身につけるものをして織られた
 ものである。
 このキラも上層階級の人たちのために織られたというより、一般庶民のために織られた
 ものだろう。
 それでも 織り込みの紋様は 丁寧に仕上げられている。
 前回紹介したアクリル毛糸を織り込みの紋様に使ったキラに比べると 色のバランスも
 いいし、打ち込みもしっかりしている。
 部分的に使われている銀糸もプラスティックではなく、昔ながらのきちんとした銀糸が
 使われている。
 そんなところから 着る人(注文主)を意識して、キラを織り上げていることが感じられる。
 決して 高級品の部類のキラではないが、丁寧な仕事、心をこめた仕事ということが
 キラ全体から感じ取れるから面白い。
 これが手仕事ということだろう。

 クシュタラやノシェムというハレの日に身につけるキラは 高級なものは 
 地も生糸、紋様も生糸で織られる、これは主に王族や上流階級のものだ。
 中流階級では木綿の地、織り込みの紋様は 野蚕のシルク糸、もしくは木綿の刺繍糸が
 用いられる。
 しかし、羊毛アクリル糸を用いるというのは 防寒のためなのか、材料が安いため
 なのかどうかはよくわからない。
 1970年頃から羊毛やアクリル毛糸の織り込み模様は増え、1980年以降では
 織られるキラのかなりのものにアクリル毛糸が使われている。
 色落ちがしないのはいいが、木綿の地との色バランスは あまりよくないし、
 着込んでいくうちに 木綿の地は色落ちしていくのに、毛糸やアクリル毛糸は
 色落ちせず、おかしなものになる。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータン布の今昔 | 06:58:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。