■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって
バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 1

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 2

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 3

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 4

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 5

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 6

 プラカノンの昔ながらの佇まいの中に身を置き、人々の生活を眺め、夕暮れ時の
 プラカノンから48番のバスに乗って MBKセンター(マーブンクロン)に帰ってくる。
 帰りは 48番のバスでも 乗車賃8バーツの冷房なしの普通のバスである。

 バスはMBKセンターに近づくにつれて 近代的な大都会の様相に変わっていく。
 20年前には このあたりの中心的な場所MBKセンターが閉店になれば、闇の中に
 沈んでいたこのあたりも ディスカバリー・センター、高級デパート サイアム・
 パラゴンなどが建ち並ぶにしたがって一大消費センターへと変わってきている。
 MBKセンターの近くに出来たバンコク現代美術館も最悪だ。
 美術館の前に展示されている作品を見ると うんざりしてしまう。
 奇をてらっているとしか思えないのである。
 公園をつぶしてまで、こんな美術館を作る必要があったのか、今でも疑問だ。
 タイ人上流階級の似非欧米崇拝の姿が ここにある。
 タイ伝統博物館でも作れば、まだ救いがあるが、バンコクの伝統は高々2百年に
 過ぎない。
 タイの中枢を握る中国系タイ人には タイの伝統など興味はない。

 便利さを優先してこのあたりに住みついてしまったが、実に味気ない場所である。
 私のマンションの裏手にあるセンセーブ運河の向こう側に イスラム教徒のチャム族の
 集落 バーン・クルア、そしてその集落の先にある下町界隈があるから 
 救われているようなものである。
 バンコク都内の中でも地価が一番高くなってしまったこの地域、自然など 
 僅かしか残っていない。
 草花といえば、バーン・クルアの集落の中で 住民たちが大切に育てているものである。
 まるで東京のど真ん中にいるような気持ちになってしまう。
 東京なら近くに公園などがあって、季節に変化を楽しむことが出来るが、
 MBKセンター周辺ではなかなか難しい。
 だから、気休めにバーン・クルアの集落の中を歩き回ってみたり、プラカノンまで
 出掛けていくことになる。

 部屋の中にいて 唯一楽しめるものといえば 雲見である。
 部屋のベランダから 雨期の雲の変化を眺めるのは楽しい。
 晴れていたと思ったら いきなり黒い雲に覆われ始め、激しい雷雨に変わっていく。
 ベランダでタイ特有の観葉植物でも育てればいいのだろうが、居たり居なかったりでは
 それも適わない。
 仕方がないのでバーン・クルアの集落まで行って、他人の育てた草花も見て 
 楽しませてもらっている。

 夜に12時過ぎて 部屋の屋上から MBKセンターを眺める。
 その横にはBTS高架電車の国立競技場駅がある。
 真夜中の12時過ぎでも 灯りは赤々と灯り、闇の世界はない。
 この光景を見るたびに 自分はとんでもないところに住んでいるという想いに
 駆られる。

 このバンコクもこれから一体どうなるのだろう。
 今は中弛みのような感じで 政治的な混乱は落ち着いているが、日増しにタイの
 経済不況は深刻さを増すだろう。
 いくら力で抑えても 生活が苦しくなれば、貧しい人たちは不満の声を上げていくだろう。
 日本と違って、タイでは食うや食わずの苦しい生活をしている人たちが 5割以上
 いるのである。
 どう見てもバンコクに建ち並ぶ高層ビル群は 見せ掛けのようにしか見えない。
 バンコク滞在もあと1週間、日の流れていくのは本当に速い。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコクの運河 | 22:58:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。