■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐14
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐14 1
  ブータン  木綿糸とアクリル毛糸のキラ    1980年代前後

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐14 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐14 3

 1980年前後に織られた木綿のキラである。
 地にはインドからの工場生産の染め糸が使われ、片面縫い取り織りの紋様と
 紋織りの紋様の両方が織り込まれている。
 片面縫い取り織りのティマの技法が 両端には使われている。

 織りは完璧といってよいぐらいに見事なものである。
 これを着ていた女性も余程気に入ったのだろう。
 しっかり、着古していることがよくわかる。

 しかし、この色のバランスはどうなっているのかときになる。
 片面縫い取り織りの紋様の織り込みには インドからの化繊糸のアクリル毛糸が
 使われ、木綿部分の色は 時の流れとともに 程よく色落ちしているというのに
 アクリル毛糸で織り込まれた紋様は 織られた当初の鮮度をそのまま保っていると
 アンバランスなものになっている。

 20世紀中期前後までは ブータンの羊毛を手で紡ぎ、天然染料で染めた羊毛糸を
 使って 片面縫い取り織りの紋様を施していたから、時が経っても
 地の色と紋様の色がバランスよく 色に変化を加え、味わいを醸し出していた。

 しかし、このしっかりと織られたこのキラにもかかわらず、木綿とアクリル羊毛糸、
 どうしても 時間の流れに折り合いをつけてくれないようである。

 織られた当初は 木綿の地も アクリル毛糸で織られた紋様も うまくバランスが
 取れていたのだろうが、天然素材の木綿と化繊であるアクリル毛は 時の流れと共に
 ミスマッチになってしまう。
 織りの世界では やはり使う素材が 時の流れと共にどう変化していくのという
 見通しが大切であるが、新しいアクリル毛糸に眼を奪われ、そこまで考えることも
 なかったのだろう。
 又、10年後にアクリル毛糸がどう変化するのかという見通しも立たなかったに
 違いない。
 1980年以降 このアクリル毛糸を使うことが流行し、普段着のキラの
 片面縫い取り織りの紋様の大半には このアクリル毛糸が使われているのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





ブータン布の今昔 | 14:06:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。