■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 水牛のいる家
バンコク 水牛のいる家 1

バンコク 水牛のいる家 2

バンコク 水牛のいる家 3

バンコク 水牛のいる家 4

 水牛のいる家といっても 生きている水牛のいる家のことではない。
 水牛の頭骸骨を飾ってある家のことである。
 黄色くペンキの塗られたよく目立つ家の2階部分の壁に 水牛の頭蓋骨が 
 所狭しと 飾られている。
 ふと目を向けると ちょっとぎょっとする光景である。
 タイ人には どこかこんなグロテスクなものを好むところがある。
 何か信仰の対象なのかと この家の持ち主に訊いてみるが、そうではないという。

 タイでは 牛の肉は食べても 水牛の肉は食べないと聞いている。
 水牛は農作業の手伝いをする生き物だから、食べないという人もいる。
 本当のところ、どうだかわからないが、私はタイでは水牛の肉を食べたことはない。

 タイでは家畜、特に牛などの堵殺・解体をするのは 何十年か前に パキスタンから
 やってきたイスラム教徒であるという。
 記憶によれば、ベトナム戦争当時、タイに駐留するアメリカ兵のために 牛肉の需要が
 増え、その仕事を受け持ったのが パキスタンから移民してきたイスラム教徒だという。
 もしかしたら、彼らは水牛の堵殺・解体もしているかもしれない。

 水牛料理といえば、カトマンズに古い時代から住み着いているネワール族の得意とする
 料理である。
 私もカトマンズに行くと ネワール料理店で セクワ(水牛のヒレ肉の油いため)、
 ツウェラ(水牛のあぶり肉の和え物)、水牛肉の煮込み、あるいはモモと呼ばれる
 水牛肉の入った蒸し餃子をよく食べる。
 牛肉に比べると硬い肉だが、カトマンズのネワール族を すい牛肉を上手に料理する。
 水牛は食用のためのもので 農作業には使われない。
 ネパールやインドでは 農作業に使われるのは牛の方が多い。

 インドでは 牛は神様と同じだから、食べないが、同じインドでもダージリンのような
 植民地時代 イギリス人の保養地では、牛肉を食べる習慣が残っている。
 インドにいるイスラム教徒は 好んで水牛肉を食べるようだ。
 カルカッタでは イスラム教徒の経営する牛カレーの店があるが、
 水牛肉を使っているのか、牛肉を使っているのか 定かでない。
 インドの牛肉は 水牛肉と同じくらいに硬いから 区別がつかない。

 日本の柔らかい牛肉に慣れている舌には インドやタイの牛肉は 牛肉の匂いがなく、
 言われれば、牛肉かとわかる程度のものだ。
 だから、水牛肉を牛肉だといわれても 区別がつかないとところがある。
 それでも タイでは質の高い肉牛が飼育されているから、インドのものと比べると 
 格段に美味しい。

 水牛の話からそれてしまったが、タイでは鈍い動物の代表のように言われる水牛だが
 結構大切にされているようだ。
 チョンブリ県で行われている水牛を使ったレースは 有名らしい。

 同じ水牛でも ヒンズー教の国では 悪魔の乗り物を引く邪悪な動物、
 タイでは 少し抜けていて間抜けな愛すべき動物、国によって受け止め方は
 違うものである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




バンコク ある風景 | 18:05:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。