■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐12
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐12 1
  ブータン   木綿のキラ          1980年代後半

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐12 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐12 3

 1980年代に織られた木綿のキラの中にも こんな華やかなものもある。
 片面縫い取り織りと両面縫い取り織りの二つの技法によって織られたものだ。

 織りの技術は素晴らしいけれど、この時代になると、手紡ぎ、手染めといった面倒な
 作業はなくなってしまっている。
 インドからの工場生産の染められた糸が使われることが 一般的になってきている。

 織りの技術はしっかりしたものであるが、ノルマ、お金のために布が織られている
 感じがしてしまう。
 キラの中で使われている紋様のパターンも たくさんのパターンを用いず、
 キラを如何にして美しく織り上げるかの工夫がなくなっているように思われる。

 注文に応じて 着る人のことを考えて織るというより、市場に並べて売るという目的で
 織り上げたものだろう。
 こうなると織り手の個性も着る人の個性も見えてこなくなる。
 着る側も 自分に似合うものを市場に行って買うという姿に変わってしまっている
 のかもしれない。

 20世紀前後からのキラを見ている私からすれば、なんとなく物足りないものを
 感じてしまうのである。
 私に似合うものをこんな風に織ってほしいという願いと、その願いを実現するために
 織り手が工夫し、持てる技術を最大限に生かすというもの作りの基本が 失われて
 しまったとも思われる。

 この時代以降のブータンの織りは 富裕層のための特別注文を除けば、ブータンに
 やってくる旅行者・観光客のためのものへと変わってしまったのだろう。
 そういう時代、そういう社会にブータンが変わってしまった証明なのだろう。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータン布の今昔 | 15:35:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。