■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐09
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐09 1
  ブータン   木綿のキラ         1980年代

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐09 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐09 3

 1980年代に入ると ブータンの木綿のキラのほとんどは 工場で染められた
 工場生産の糸が使われるようになってくる。
 この木綿のキラもそんな時代のキラである。

 紋様の織り込みなども丁寧にしっかりとしているが、何か風合いのようなものが
 感じられないのである。
 糸が均一で揃っていれば、手紡ぎ糸に比べれば、織ることも楽になるし、染めも
 始めから染めてある工場生産の糸を使えば、時間も短縮できる。

 しかしである。手紡ぎ、手染めの糸で織られたキラに比べると 風合い、味わい、
 迫力に欠けているように思えてならないのである。
 確かに織るという作業には充分時間が掛かっているのだろうが、糸を紡ぎ、糸を染めと
 いう作業を省いたことで、大切なものがかけ落ちてしまったようにも感じられる。
 器用さだけが目立ってしまうのである。

 織り手にしてもこのキラを織り上げ、このキラにどれほどの愛情を感じているのだろう。
 どれほどの心をこのキラに傾けたのか、それが感じられない。
 ノルマを果たしたといった感じである。
 誰かに喜んでもらうというより、織り上げて お金を手にするということが
 大切な社会へと変わっていっているのである。

 1980年以降のキラには 織り手の織物に対する姿勢、心の置き方が変わり、
 それが 布にも現れているようにも思える。
 それでも 今織られているものに比べれば、まだましである。
 貨幣経済の浸透は ブータンの織物の世界も変えていったのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 20:04:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。