■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク バーン・クルアのお菓子屋さん
バンコク バーン・クルアのお菓子屋さん 1

バンコク バーン・クルアのお菓子屋さん 2

バンコク バーン・クルアのお菓子屋さん 3

バンコク バーン・クルアのお菓子屋さん 4

 何度もチャム族の集落 バーン・クルアに通っていながら、いつも何かしら
 小さな発見がある。
 バーン・クルアの運河沿いの道には 住民たちの植えた草花であふれている。
 運河の水は すっかり汚れてしまっているけれど、それでも暑いバンコクの気候の
 中では、運河沿いの道は それなりに涼しく、人々は屯している。

 その道筋に 木で囲った家が目に付いた。
 涼しげで テーブルでも置けば、食堂にでもなるが、そうでもないらしい。
 何度か、この家の前を行きかううちに そこが 自宅でクッキーやパン、ケーキを
 作っている場所であることがわかった。
 ちょっと太り目のタイ人女性が お菓子やパンを作っていることがわかった。
 控えめでありながら、とても人当たりのよい女性だったので、家の前に並べられている
 数少ない種類のお菓子をいくつか買うことにした。
 朝食は 面倒なので ネパール産の紅茶とクッキーや菓子パンで済ませることに
 しているからだ。

 買って、家に帰って食べてみると 意外と美味しいのである。
 クッキーなどは ナッツ、バター、シナモンがしっかり使われていて、
 5個入り10バーツは高くない。
 作り手の控えめで誠実な性格が お菓子にも反映されているようで 
 安心して食べることが出来る。
 どこかの店の注文で作っているらしく、残りを店の前で売っているようである。
 日によって 売られているものが違っている。

 少し話をしてみると、イスラム教徒のチャム族の女性だった。
 タイのイスラム教徒との通婚を繰り返すうちに チャム族の血も薄くなっていると
 言うが、入り婿制度の残るチャム族の結婚の形は、チャム族の生活習慣を残していく
 ようだ。
 アジアのイスラム教徒独特の柔らかさがあるし、女性の地位も高いようだ。
 外から見ている分には イスラム教徒であることはわからない。

 ベトナムにあったチャンパ王国の崩壊の後、カンボジアへ、そしてシャム王国の
 アユタヤ、そして このバンコクへという流浪の歴史を持つチャム族であるが、
 豊かな文化を内包する民族でもある。
 彼らの作る料理は きわめて東南アジア的であり、インドの香辛料の味付けは
 ほとんどない。
 違いといえば、豚肉を用いないというだけである。
 1500年前には ヒンズー教徒として出発したチャム族も 今はイスラム教徒である。
 古い昔に 東南アジアを訪れたインド人は ヒンズー教徒だったのだ。
 その後、ペルシャやインドから商いのためにイスラム教徒が多く訪れるようになるに
 従がって、イスラム教徒へと改宗していったのである。

 食生活だけを見るなら、完全な東南アジア人である。
 そんなチャム族の女性の作るお菓子も抵抗なく美味しく食べることが出来る。
  

++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク 運河の辺の街 | 22:23:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。