■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 1
  ブータン  キラ 木綿 アイカプール       20世紀中期

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 3

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 4

 この木綿のキラも 白、黒、赤を基調にして 織り上げられたキラである。
 このキラも 地の経糸、横糸には ブータンの手紡ぎの木綿が使われている。
 紋様の織り込みのためには ラックで染められた赤い野蚕のシルク糸、黒の糸は
 手紡ぎの木綿糸である。
 縦縞に使われている糸も 白と黒を除けば、天然染料で染められた緑、青、黄色、
 赤に染められた野蚕のシルク糸が使われている。
 どこかに虹色という意識があるに違いない。
 そんなちょっとした心遣いが、キラを渋いものにしている。
 又、おしゃれでもある。

 20世紀中期あたりまでは 天然染料や手紡ぎの糸が使われることが多く、
 そのような素材を駆使して織られたキラは時間の流れに従がって、風合いを増す。

 化学染料や工業糸が ブータンに入り込んでくることで 織りの細かさの技量は
 発展していったが、味わいや風合いは失われていったようである。

 このような織りの技法を使って織っているのが 一番下にある写真である。
 紋様の織りこみ部分の縞は どうも2重綜絖になっているのだろうか。
 地機だから、平織りだろうか。
 経糸の間に 横糸を潜らせながら 紋様を作っていくようだ。
 考えただけでも 手間と時間が掛かるようで、自分ではやりたくはない。
 今はジャガード織りを使えば 難なく出来るが、これを手と使ってということになると
 簡単なことではない。
 機だって、原始機に近く、至って 素朴なものである。
 この機で ブータンの複雑なキラの紋様を織り上げていくのである。

 あんな姿勢で日長1日 織りに向かっていると お尻に根が生えてきそうである。
 大変な重労働であることが よくわかる。忍耐力がないと 出来ないだろう。
 これだけでも凄いと思ってしまう。

 手で糸を紡ぐ、天然染料を使って糸を染める、織り付けをして 機に糸をかける、
 そして織り始める。
 そして、紋様を織り込む。
 気の遠くなるような手間と時間が掛かる。
 ブータンの織り子にとっては、生まれついてからの当たり前の作業で、
 特別なことではないのだろう。
 生きている世界や時間が違うのである。

 刺激など求めず、やるべきことを ただひたすらやるという世界が 
 1970年頃までは当たり前だったに違いない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 22:44:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。