■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 1
  ブータン キラ アイカプール   木綿        20世紀中期

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 3

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 4

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 5

 20世紀中期頃に 織られた木綿のキラ アイカプール、ここで使われている色合い、
 紋様のパターンはブータンの伝統的なものである。

 黒と赤と白の組み合わせ、部分的に野蚕のシルク糸をウコンで染めた黄色を使っている。
 黒は色の重ね合わせで染め、赤は カイガラムシのラックで染めている。
 使われている木綿の糸は ブータンの手紡ぎ木綿糸である。

 色の組み合わせもなかなか渋いものであり、紋様を織り上げる丁寧さも見事だ。
 この木綿のキラは まさに日本人好みといっていいだろう。
 こんな色感覚も ブータンのひとびとにはある。
 それに加え、縦縞の中に紋様を織り込んでいるこの集中力は何だろう。
 この紋様の図柄を見ているだけで 気が遠くなりそうだ。
 織物を楽しむ気持ちがなければ、こんな織物は出来ない。
 この縦縞の中に紋様を織り込んでいく技術は 20世紀に入って 流行していった
 ものだろう。
 それは木綿のキラにも野蚕のシルクのキラの中にも生かされている。
 20世紀初頭に国の統一を終え、王国として国が安定することによって
 ブータンの織物は 急速に発展していったようだ。

 行事の際に身につけるキラ クシュタラやノシェムは 派手な色彩のものが多いが、
 日常に身につける衣装には 渋い色合いのものが好まれるようだ。
 ブータン人のおしゃれ感覚は このような木綿のキラの中でも充分に息づいている。

 参考までに ブータンの女性たちが 民族衣装のキラを身につけている写真を
 紹介しよう。
 キラは 幅150cm 長さ250cmぐらいで織り上げる。
 縦に長く織り上げたキラを 身につけるときは横にして身につける。
 大体の様子が この写真からわかるだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




ブータン布の今昔 | 01:03:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。