■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐03
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐03 1
  ブータン   キラ   木綿             20世紀初頭 ~ 中期

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐03 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐03 3

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐03 4

 これも縞柄のブータンの木綿のキラである。
 20世紀初頭から中期にかけて織られたもののようだ。
 糸は 経糸も横糸も ブータンの手紡ぎの木綿糸である。
 赤、黒、青、白の色を使っての縞模様になっている。
 青は藍染めであることはわかるが、赤は アカネやラックで染めることは出来るが
 あまりに色が強いから 化学染料かもしれない。
 黒は 色の重ね合わせで 天然染料で染めることも出来るだろう。

 この木綿のキラ、あまり身につけないうちに ねずみに齧られてしまったようである。
 ネパールに住んでいてもそうだが、布にとって ねずみは 大敵だ。
 私もカトマンズの1階に 布を仕舞っておいて、布を齧られ、かなりの損害を出した
 ことがある。
 もう一つの大敵は 紙魚(シミ)である。
 ブータンの布は 織り上げたものは 米糊でごわごわになっている。
 布をねらってというより、この米糊を好んで、布を食べるのである。
 洗って、糊を流せば、問題はない。

 ブータンの人々は 赤が好きである。
 天然染料に カイガラムシのラックや茜を使って、赤に染める。
 赤をおめでたい色と考えているせいなのだろうか。
 東南アジアでも、インドでも 衣装に赤を用いることが多い。

 ブータンにおいては それだけではないようだ。
 やはり、基本的には 赤が好きなのだろう。
 それにしても このキラの赤は 天然染料か 化学染料か 
 気になるところである。

 ブータンでは 布を織るのに 腰機が使われる。
 織られる布の幅は 50cm前後であることが多い。
 細かい紋様を織り込むブータンの布では、50cmの幅というのが
 限界なの間も知れない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 22:54:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。